男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ミッシング(2024)

  • みっしんぐ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    79.8点(330人)

  • 観たひと

    427

  • 観たいひと

    36

  • レビューの数

    68

基本情報

ジャンル 社会派 / ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2024
公開年月日 2024/5/17
上映時間 118分
製作会社 「missing」Film Partners(製作幹事:WOWOW/企画:スターサンズ/制作プロダクション:SS 工房)
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督吉田恵輔 
脚本吉田恵輔 
企画河村光庸 
製作井原多美 
菅井敦 
小林敏之 
高橋雅美 
古賀奏一郎 
プロデューサー大瀧亮 
長井龍 
古賀奏一郎 
撮影志田貴之 
装飾吉村昌悟 
音楽世武裕子 
録音田中博信 
音響効果松浦大樹 
照明疋田淳 
編集下田悠 
衣装篠塚奈美 
ヘアメイク有路涼子 
キャスティング田端利江 
アソシエイトプロデューサー行実良 
小楠雄士 
制作担当本田幸宏 
助監督松倉大夏 
スクリプター増子さおり 
VFXスーパーバイザー白石哲也 
題字赤松陽構造 

キャスト

(C)2024「missing」Film Partners

場面

予告編


     

解説

「そして、バトンは渡された」の石原さとみ主演、「空白」の吉田恵輔監督・脚本で描く、幼女失踪事件に端を発した喪失と再生のヒューマンドラマ。失踪した娘・美羽の帰りを待ち続ける母・沙織里はあることがきっかけで、ネット上で誹謗中傷の標的となってしまう。出演は「宇宙人のあいつ」の中村倫也、「ゴジラ-1.0」の青木崇高、「ある殺人、落葉のころに」の森優作。

あらすじ

とある街で幼女の失踪事件が起きる。あらゆる手を尽くしても見つからないまま、3カ月が過ぎる。母・沙織里(石原さとみ)は娘・美羽(有田麗未)の帰りを待ち続けていたが、少しずつ世間の関心が薄れていくことに焦り、夫・豊(青木崇高)との温度差から夫婦喧嘩が絶えない。唯一取材を続けてくれる地元テレビ局の記者・砂田(中村倫也)だけが頼りだった。そんななか、娘の失踪時、沙織里が推しのアイドルのライブに行っていたことが知られ、ネット上で“育児放棄の母”と誹謗中傷を受けるようになる。世の中に溢れる欺瞞や好奇の目に晒され続けた沙織里は、次第に過剰な言動を繰り返し、心を失っていく。一方、局上層部の意向で、砂田は視聴率獲得のために、沙織里やその弟・圭吾(森優作)に対し、世間の関心を煽るような取材をするよう指示される。それでも沙織里は、娘に会いたいという一心で世の中にすがり続けるが……。

関連するキネマ旬報の記事

2024年6月号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ミッシング」

2024年5月号

CINEMA PEOPLE Vol.8:「ミッシング」石原さとみ

UPCOMING 新作紹介:「ミッシング」

2024年2月号

巻頭特集 2024年映画の旅:Chapter4 4人の監督たちの主演俳優論 石原さとみ「ミッシング」