男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

最後の決闘裁判

  • さいごのけっとうさいばん
  • THE LAST DUEL
  • THE LAST DUEL
  • 平均評点

    79.1点(410人)

  • 観たひと

    557

  • 観たいひと

    56

  • レビューの数

    78

基本情報

ジャンル 歴史劇 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2021
公開年月日 2021/10/15
上映時間 153分
製作会社 Scott Free Productions=Pearl Street Films
配給 ウォルト・ディズニー・ジャパン
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

出演ジョディ・カマー Marguerite de Carrouges
マット・デイモン Jean de Carrouges
アダム・ドライバー Jacques LeGris
ベン・アフレック Count Pierre d'Alençon
マイケル・マケルハットン 

(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

場面

予告編


     

解説

リドリー・スコット監督が、14世紀末のフランスを舞台に、実際に行われた史上最後の合法的な“決闘裁判”の行方を描く歴史ミステリー。騎士カルージュの妻マルグリットは夫の旧友ル・グリに乱暴されたと訴える。だが、ル・グリは無実を主張。真実は“決闘裁判”に委ねられる。権力が全てだった時代に、国家に逆らい、勇気をもって立ち上がった女性マルグリット、その妻の誇りを守るために地位や名誉、命まで賭けて決闘裁判に挑む夫カルージュ、他方、無実を主張して自らの正義を示すために裁判を受け入れるル・グリ。彼らの壮絶な闘いが壮大なスケールで展開する。原作はエリック・ジェイガーの『決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル』。脚本は「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」でアカデミー賞脚本賞を受賞したマット・デイモンとベン・アフレックが約25年ぶりに再タッグを組んだ。600年以上も前、世論を二分したこの“決闘裁判”における判決は、今もなお歴史家たちの間で物議を醸している。マルグリットを「フリー・ガイ」のジョディ・カマー、カルージュをマット・デイモン、ル・グリにアダム・ドライバー、カルージュとル・グリの運命を揺さぶる主君ピエール伯をベン・アフレックが演じる。

あらすじ

中世フランスの騎士カルージュ(マット・デイモン)の妻マルグリット(ジョディ・カマー)が、夫の旧友ル・グリ(アダム・ドライバー)に乱暴されたと訴えるが、彼は無実を主張し、目撃者もいない。真実の行方は、夫と被告による生死を賭けた“決闘裁判”に委ねられる。それは、神による絶対的な裁き……。勝者は正義と栄光を手に入れ、敗者はたとえ決闘で命拾いしても罪人として死罪になる。そして、もしも夫が負ければ、マルグリットまでもが偽証の罪で火あぶりの刑を受けるのだ。果たして、裁かれるべきは誰なのか?

関連するキネマ旬報の記事

2021年12月下旬号

読者の映画評:「許された子どもたち」岩崎三樹雄/「最後の決闘裁判」小島弘之/「リスペクト」原田隆司

2021年11月上旬特別号

「最後の決闘裁判」:インタビュー リドリー・スコット×ジョディ・カマー

「最後の決闘裁判」:インタビュー ニコール・ホロフセナー×マット・デイモン×ベン・アフレック

REVIEW 日本映画&外国映画:「最後の決闘裁判」

2021年10月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「最後の決闘裁判」