男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

リドリー・スコット

  • Ridley Scott
  • 監督/製作/EP/製作総指揮
本名
出身地 イギリス、ノーサンバーランド、サウスシールズ
生年月日 1937年11月30日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【映像の魔術師はハリウッドのジャンルを異化する】イギリス、サウスシールズの生まれ。二つの美術大学でグラフィック・デザインや舞台美術を学び、16ミリ短編映画を制作した。卒業後にBBCに入社、セット・デザイナーや番組演出を経て、1965年にCF製作会社を設立する。約1900本(本人談)のCFを手がけたのち、77年の「デュエリスト/決闘者」で映画監督に進出。弟のトニー・スコットも映画監督で、息子のジェイク、娘のジョーダンもともに監督デビューを果たした。ハリウッドで活躍する現在も英国に弟と共同で製作会社やスタジオを抱え、米英を行き来している。コンラッド原作による時代ものの「デュエリスト」はカンヌ映画祭で新人監督賞を受賞。これが20世紀フォックス上層部の目に留まり、SFゴシックホラー「エイリアン」でハリウッドに進出、大ヒットを記録する。続くSFハードボイルド「ブレードランナー」がカルト的な評価を得て、ビジュアリストの地位を確保した。大阪ロケの「ブラック・レイン」も話題を振りまき、女性2人組が主人公のロードムービー「テルマ&ルイーズ」でアカデミー賞の監督賞に初ノミネート。一時は低迷も囁かれたものの、史劇大作の「グラディエーター」がついに同作品賞に輝く。「羊たちの沈黙」の続編「ハンニバル」でヒットメーカーの地位も不動のものとし、以来、大作から中規模作品において様々なジャンルのハリウッド作品を監督し続けている。【異端なる者の視線】デビュー作から一貫して映像派として称えられてきた。バックライトやコントラストの強い照明、スモークもしくは綿埃や粉雪がたゆたう空間、長焦点レンズの多用……こうした“スコット印”を随所にちりばめるスタイリッシュな映像美が特徴。初期のヒット作「エイリアン」は闘う強いヒロイン像をハリウッドに定着させ、このテーマは「テルマ& ルイーズ」や「G.I.ジェーン」で繰り返された。多くの作品では、異文化に対面した人物、もしくは大状況に放り込まれた異端児の闘いを追うという共通モチーフが指摘されている。「エイリアン」は「ジョーズ」の変奏曲であり、「ブラック・レイン」はギャング対刑事の変種、「ブラックホーク・ダウン」はシニカルな「プライベート・ライアン」といったように、先行する作品やジャンルを外部の視点から異化していく作家としても捉えられよう。また近年は安定感のある大作監督として、ストーリーテリングの巧みさも注目される。

キネマ旬報の記事

2017年9月下旬号

「エイリアン:コヴェナント」:インタビュー リドリー・スコット[監督]

2017年8月上旬号

監督×俳優 最強/注目コンビの話題作2017-2018:〈話題のハリウッド大作〉リドリー・スコット×マイケル・ファスベンダー 「エイリアン:コヴェナント」

2013年11月下旬号

「悪の法則」:リドリー・スコット(監督)が語ったコーマック・マッカーシー世界描出への自信

「悪の法則」:トニーとリドリー――スコット兄弟の肖像

2013年10月下旬号

家族で映画をつくること:リドリー&トニー・スコット、クラシックな兄とロックな弟

2012年9月上旬号

「プロメテウス」:インタビュー リドリー・スコット(監督)

「プロメテウス」:エディター・横山智佐子氏が語るリドリー・スコットの現場とその素顔

2010年12月下旬号

「ロビン・フッド」:リドリー・スコット監督ロングインタビュー

2009年1月上旬新春号

特別企画 必見!魅惑の正月映画大作:「ワールド・オブ・ライズ」リドリー・スコット監督 インタビュー

2008年2月上旬1500号記念特別号

作品特集 「アメリカン・ギャングスター」:リドリー・スコット[監督] インタビュー

2007年8月下旬号

作品特集 「プロヴァンスの贈りもの」:リドリー・スコット[監督] インタビュー

2005年5月下旬号

特集 「キングダム・オブ・ヘブン」:リドリー・スコット監督 インタビュー

特集 「キングダム・オブ・ヘブン」:リドリー・スコット監督論

2003年10月上旬号

特集 「マッチスティック・メン」:リドリー・スコット監督 インタビュー

2002年4月上旬号

特集 「ブラックホーク・ダウン」:リドリー・スコット監督 インタビュー

2001年4月上旬特別号

巻頭特集 ハンニバル:リドリー・スコットに迫る

2001年1月上旬新年特別号

巻頭特集 2001年の映画、21世紀の人:「ハンニバル」リドリー・スコット

1998年2月上旬号

特集 G.I.ジェーン:リドリー・スコット監督 インタビュー

1996年6月上旬特別号

特集 白い嵐:リドリー・スコット監督作品ノート

1992年11月下旬号

巻頭特集 ブレードランナー ディレクターズ・カット〈最終版〉:リドリー・スコットの未来像

1991年10月上旬号

特別企画 新・世界の映画作家と新作研究 9:リドリー・スコットと「テルマ&ルイーズ」

1989年11月下旬号

インタビュー特集 第3回東京国際映画祭来日映画人インタビュー(上):リドリー・スコット

1987年8月上旬号

レジェンド:監督 インタビュー

レジェンド:作品評&監督論