男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

Arc アーク

  • あーく
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    69.1点(160人)

  • 観たひと

    227

  • 観たいひと

    33

  • レビューの数

    34

基本情報

ジャンル SF / ドラマ
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2021/6/25
上映時間 127分
製作会社 映画『Arc』製作委員会(製作プロダクション:バンダイナムコアーツ)
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督石川慶 
脚本石川慶 
澤井香織 
原作ケン・リュウ:(『円弧(アーク)』(ハヤカワ文庫刊 『もののあはれ ケン・リュウ短編傑作集2』より))
エグゼクティブ・プロデューサーケン・リュウ 
川城和実 
コ・エグゼクティブ・プロデューサー濱田健二 
製作河野聡 
池田宏之 
プロデューサー加倉井誠人 
仲吉治人 
撮影監督ピオトル・ニエミイスキ 
美術我妻弘之 
装飾山川邦彦 
音楽世武裕子 
音楽プロデューサー杉田寿宏 
録音山本タカアキ 
音響効果柴崎憲治 
照明宗賢次郎 
編集石川慶 
太田義則 
スタイリスト高橋さやか 
ヘアメイク酒井夢月 
キャスティング吉川威史 
ライン・プロデューサー古賀奏一郎 
製作担当三村薫 
助監督近藤有希 
VFXスーパーバイザー鈴木信哉 
VFXプロデューサー加賀美正和 
振付三東瑠璃 

キャスト

(C)2021 映画『Arc』製作委員会

場面

予告編


     

解説

「蜜蜂と遠雷」の石川慶が、SF作家ケン・リュウの短編小説『円弧』を映画化。そう遠くない未来。最愛の存在を亡くした人たちのため、生前の姿のまま遺体を保存する“ボディワークス”として働くリナは、人類初の不老不死処置を受け、永遠の命を得るが……。出演は「ファーストラヴ」の芳根京子、「ヤクザと家族 The Family」の寺島しのぶ、「さんかく窓の外側は夜」の岡田将生。

あらすじ

そう遠くない未来。生まれたばかりの息子と17歳で別れたリナ(芳根京子)はその後、放浪生活を送っていた。だが、19歳の時、彼女は師となるエマ(寺島しのぶ)と出会い、大手化粧品会社エターニティ社で“ボディワークス”という職を得る。それは、最愛の存在を亡くした人々のため、生前の姿のまま遺体を保存できるように、施術“プラスティネーション”を行う仕事だった。悲しみを乗り越えたい人々からの依頼は絶えることがなく、その一方でエマの弟の天才科学者・天音(岡田将生)は、その技術を発展させ、姉と対立しながら“不老不死”の研究を進めていた。そして30歳を迎えたリナは、天音と共に“不老不死”の処置を受ける人類史上初の女性となり、永遠の命を得る。やがて、世界では不老不死が当たり前のことになるが、それは人類を二分化し、同時に混乱と変化を生み出していった。果たして、不老不死が生み出した未来の先にリナが見たものとは……?

関連するキネマ旬報の記事

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.36 ラウール「ハニーレモンソーダ」

IN THE MOOD FOR CINEMA 海外SF小説が原作の日本映画に注目:「Arc アーク」「夏への扉―キミのいる未来へ―」

2021年7月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「Arc アーク」

UPCOMING 新作紹介:「Arc アーク」

2021年6月下旬特別号

グラビア特集 芳根京子 「Arc アーク」:

UPCOMING 新作紹介:「Arc アーク」