男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

フード・ラック!食運

  • ふーどとらっくしょくうん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    72.8点(34人)

  • 観たひと

    47

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル コメディ / ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020/11/20
上映時間 104分
製作会社 松竹(制作プロダクション:ギークサイト)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督寺門ジモン 
脚本本山久美子 
原作協力高橋れい子 
原作寺門ジモン 
エグゼクティブプロデューサー吉田繁暁 
Co.エグゼクティブプロデューサー小佐野保 
製作高橋敏弘 
プロデューサー宇高武志 
林鉄洋 
山邊博文 
撮影藤本信成 
美術齋藤しおり 
装飾渡辺大智 
音楽Amar 
音楽プロデューサー茂木英興 
野口良 
主題歌ケツメイシ:(「ヨクワラエ」(avex trax))
録音深田晃 
音響効果渋谷圭介 
照明金子拓矢 
編集青野直子 
スタイリスト前田勇弥 
ヘアメイク澤田久美子 
キャスティング北田由利子 
アソシエイトプロデューサー鴨井雄一 
制作担当板井茂樹 
助監督二宮崇 
記録栗原節子 
VFXスーパーバイザー桑原雅志 
宣伝スーパーバイザー細川朋子 
宣伝プロデューサー西剛希 
フードコーディネーターはらゆうこ 

キャスト

出演EXILE NAOTO 佐藤良人
土屋太鳳 竹中静香
石黒賢 新生英二
松尾諭 古山達也
寺脇康文 山田智洋
白竜 滝沢二郎
東ちづる 滝沢小百合
矢柴俊博 西田貴博
筧美和子 的場涼子
大和田伸也 豊川忠義
竜雷太 石原雄司
りょう 佐藤安江
特別出演大泉洋 尾崎実

(C)2020 松竹

場面

予告編


     

解説

芸能界屈指の食通であるお笑いタレント、寺門ジモンが“食”をテーマに初監督に挑む異色作。下町の人気焼肉店・根岸苑を切り盛りする安江。一人息子・良人の毎日の楽しみは、母の手料理を食べることだったが、ある事件がきっかけで店は閉店、良人は家を飛び出す。出演は「HiGH&LOW」シリーズのEXILE NAOTO、「累 かさね」の土屋太鳳。

あらすじ

良人(EXILE NAOTO)の母・安江(りょう)が、ひとりで店を切り盛りしている焼肉店『根岸苑』。そこは、他界した夫が遺した唯一の形見であった。一人息子を育てながら、愛情込めた手料理をふる舞うことが安江にとって幸福な時間であり、良人も母の美味しい手料理を食べることが何よりも至福の時だった。長年、人々に愛されてきた根岸苑だったが、人気グルメ評論家・古山(松尾諭)が書いた事実無根の記事をきっかけに客足は激減。少しずつ活気が戻り始めた頃、忙しく働き続ける安江に構ってほしい一心で起こした良人の行動により、安江は店を閉じることを決意する……。それから18年。家を飛び出した良人は、うだつのあがらないフリーライターとして自堕落な生活を送っていた。そんなある日、良人は編集者・竹中静香(土屋太鳳)とともに“本物”だけを集めた新しいグルメ情報サイトの立ち上げを任される。第一弾のテーマは因縁の“焼肉”。引き受けることを決めた良人だったが、突如疎遠になっていた安江が倒れたとの報せが届く。病床の安江に会う覚悟が出来ないまま、取材で訪れた名店の先々で懐かしい根岸苑の味と出逢う良人。食を堪能し、人との繋がりの中で母の想いを知り、良人の中で何かが変わってゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「フード・ラック!食運」

REVIEW 日本映画&外国映画:「フード・ラック!食運」