男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

Back Street Girls ゴクドルズ

  • ばっくすとりーとがーるずごくどるず
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    63.6点(42人)

  • 観たひと

    54

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル 任侠・アウトロー / コメディ / ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019/2/8
上映時間 87分
製作会社 映画「ゴクドルズ」製作委員会(東映=ユニバーサルミュージック=VAP=木下グループ=MBS)(制作プロダクション:エクセレントフィルムズ)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督原桂之介 
脚本増本庄一郎 
伊藤秀裕 
原作ジャスミン・ギュ:(『Back Street Girls』(講談社『ヤンマガ KC』刊))
エグゼクティブプロデューサー岡本東郎 
丸山博雄 
企画・プロデュース紀伊宗之 
伊藤秀裕 
製作村松秀信 
岡田武士 
瀬井哲也 
木下直哉 
中野伸二 
プロデューサー小杉宝 
阿部誠 
行実良 
村島亘 
佐藤敏宏 
三浦和佳奈 
撮影加藤十大 
美術田口貴久 
装飾田口貴久 
音楽伊東正美 
主題歌ゴクドルズ:(『ヴィーナス』(ユニバーサルミュージック/EMI Rrcords))
録音西條博介 
音響効果渋谷圭介 
照明志村昭裕 
編集目見田健 
衣裳岡本華菜子 
ステージ衣裳デザインD 
メイク梅原さとこ 
キャスティングプロデューサー山口正志 
演技事務出射均 
アシスタントプロデューサー田中亮祐 
制作担当伊藤友子 
助監督大津是 
VFXプロデューサー芳賀寛之 
ゴクドルズ振付・指導左 HIDARI 
制作協力芳賀正光 

キャスト

(C)2019 映画「ゴクドルズ」製作委員会

解説

1970年代に人気を博した東映ピンキーバイオレンスの流れを汲むアウトローコメディー。組長の思い付きで性転換&全身整形をさせられアイドルとしてデビュー、思いがけず大人気となった若き極道3人組の姿を活写したジャスミン・ギュ原作による異色漫画を実写化。出演は「リンキング・ラブ」の白洲迅、「ゆずりは」の柾木玲弥、TV『陸王』の花沢将人、「女流闘牌伝 aki アキ」の岡本夏美、TV『仮面ライダーエグゼイド』の松田るか、TV『ウルトラマンX』の坂ノ上茜、「22年目の告白 私が殺人犯です」の岩城滉一。2018年に急逝した大杉漣が友情出演。脚本を「月光ノ仮面」の増本庄一郎と「必死剣鳥刺し」の伊藤秀裕が担当。監督は「私の人生なのに」の原桂之介。

あらすじ

山本健太郎、立花リョウ、杉原和彦は、犬金組の若きヤクザ3人組。イケイケの組の中でも、特に活きの良い奴らだ。社会のつまはじきものだった彼らは、自分たちを拾ってくれた組に強い恩義を感じ、「男として、男らしく、組の為に働く」ことを心に誓う。だが、とある事件で不始末を起こした3人は、組長の思い付きによって、タイで性転換&全身整形をさせられ、アイドルとして芸能界でのし上がって稼いでこいと告げられる。確かに見た目は、とってもキュートな女の子になってしまったものの、中身はゴリゴリのヤクザのまま。ところが、思いもよらず人気急上昇。次第にアイドルとしての自分に目覚めながらも、極道である本来の自分と女心の間に揺れ始める。とてつもない葛藤が襲いかかるなか、3人は「女として、可愛く、組の為に働く」のだが……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

UPCOMING 新作紹介:「Back Street Girls -ゴクドルズ-」