男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

小沢仁志

  • Hitoshi Ozawa
  • 出演/監督/脚本/製作
本名
出身地 東京都中野区
生年月日 1962/06/19
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都中野区の生まれ。弟は俳優の小沢和義。生まれて初めて見たチャップリンの映画に魅かれ、映画の世界を志す。1984年、TBS『スクール☆ウォーズ』で俳優デビュー。同年の加藤文彦監督「ひと夏の出来ごころ」で映画初出演も果たす。那須博之監督のヒットシリーズ「ビー・バップ・ハイスクール」では、85年のシリーズ第1作に敵役で出演し、第3作の「高校与太郎行進曲」87以降は主人公たちの仲間である北高番長・前川新吾役で最終作「高校与太郎完結篇」88までレギュラー出演。強面の風貌とキレのあるアクションで個性派の若手として注目される。88年、村上修監督のロマンポルノ「BU・RA・Iの女」で念願の映画初主演。93年のOV『愛という名の銃弾』で室賀厚監督と出会い、翌94年のコンビ作『ザ・ワイルドビート/裏切りの鎮魂歌』が奥山和由プロデューサーの目に留まって、続く「SCORE」は劇場公開映画として小沢の製作・主演、室賀監督で結実、互いのキャリアを大きく飛躍させる。97年、「殺し屋&嘘つき娘」で主演を兼ねて映画監督デビュー。以後、監督名“OZAWA”で「くノ一忍法帖・柳生外伝」98、「SCORE2/THE BIG FIGHT」99、「龍虎兄弟」02、「インモラル・凍れる死体」08、OV『デコトラ外伝・男人生夢一路』00、『組織犯罪対策部捜査4課』05~06などを発表する。90年代末より『実録・広島やくざ戦争』00などやくざ路線を中心に膨大な数のOV作品に出演し、竹内力らと並ぶ“Vシネマ四天王”のひとりとして謳われたが、強面を逆手にとった『FM89.3MHz』06、『無認可保育園・歌舞伎町ひよこ組!』07などのコミカルな作品や、テレビのバラエティ番組などの出演も増え、若者層からアニキ的存在として熱い支持を受けている。

キネマ旬報の記事

2015年2月上旬号

【巻頭特集】菅原文太 一番星になった男:菅原文太をおくる インタビュー 小沢仁志

2014年11月上旬号

ヤクザ、アクション、ギャンブル、エロス!!! 俺たちの好きなVシネマ:対談 小沢仁志×小沢和義

1999年11月下旬号

インタビュー:OZAWA(小沢仁志)

1998年7月下旬号

インタビュー:小沢仁志

1997年9月上旬号

特集 殺し屋&嘘つき娘:小沢仁志監督 インタビュー

特集 殺し屋&嘘つき娘:小沢仁志について

1997年8月下旬上半期決算号

「殺し屋&嘘つき娘」製作珍道中日誌:最終回

1997年8月上旬号

「殺し屋&嘘つき娘」製作珍道中日誌:No.3

1997年7月下旬号

「殺し屋&嘘つき娘」製作珍道中日誌:No.2

1997年7月上旬夏の特別号

「殺し屋&嘘つき娘」製作珍道中日誌:No.1

1995年11月下旬号

特集 SCORE:小沢仁志 インタビュー