男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

カスリコ

  • かすりこ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    71.3点(8人)

  • 観たひと

    11

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル 任侠・アウトロー / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2019/6/22
上映時間 114分
製作会社 珠出版
配給 シネムーブ=太秦
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督高瀬将嗣 
脚本國吉卓爾 
制作臼井正明 
撮影今泉尚亮 
美術監督若松孝市 
装飾井隈啓太 
音楽辻陽 
録音藤丸和徳 
清水雄一郎 
照明守利賢一 
配役空閑由美子 
制作担当古森正泰 
助監督山本亮 
記録柳沼由加里 

キャスト

出演石橋保 岡田吾一
宅麻伸 荒木五郎
中村育二 酒井博
山根和馬 中川秀次
鎌倉太郎 金田光男
金児憲史 三島保
高橋かおり 岡田幸江
高橋長英 寺田源三
小市慢太郎 
西山浩司 小林健吉
高杉亘 鈴木清
伊嵜充則 
及川いぞう サイやん
西村雄正 渕上
大家由祐子 クラブ藤のママ
池上幸平 五味大介
服部妙子 安子
掛水杏樹 岡田佳代

(C)2018珠出版

場面

予告編


     

解説

第26回新人シナリオコンクール特別賞、大伴昌司賞準佳作を受賞した國吉卓爾の脚本を映画化。昭和40年代の土佐。高知一の料理人と呼ばれた岡田吾一は、博打“手本引き”で破滅。ヤクザの荒木五郎の紹介で、賭場の下働き“カスリコ”として働き始める。出演は「さらば青春、されど青春。」の石橋保、「サバイバルファミリー」の宅麻伸。2018年11月3日より高知あたご劇場を皮切りに全国順次公開。

あらすじ

昭和40年代の土佐。“高知一の料理人”と呼ばれた岡田吾一(石橋保)は、博打“手本引き”にのめり込んで破滅。自分の料理屋を手放す羽目になり、途方に暮れていた。そんな吾一の前に現れたのが、ヤクザの荒木五郎(宅麻伸)。“カスリコの仕事を世話してやる”という荒木に従い、再び賭場へ。だが、“カスリコ”とは、賭場で客の世話や使い走りをしてわずかなご祝儀を貰うだけの下働きだった。博打打ちからも一目置かれる上客から一転、物乞い同然のカスリコに堕ちた吾一は、プライドを捨てて懸命に働く中で、賭場の客やカスリコ仲間の悲喜こもごもを目の当たりにする。やがて、人生を賭けた最後の大勝負に挑むこととなるが……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「カスリコ」

REVIEW 日本映画&外国映画:「カスリコ」