男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

高橋長英

  • Choei Takahashi
  • 出演
本名 高橋 長英(おさひで)
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1944年11月29日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県横浜市の生まれ。本名・高橋長英(おさひで)。1963年に上智大学を中退し、俳優座養成所に15期生として入所する。同期には原田芳雄がいた。66年に卒業後は劇団には所属せず、フリーで活動を開始。フジテレビ『若者たち』66、『三匹の侍』67などのゲスト出演を経て、68年の渥美清主演「喜劇・初詣列車」で映画初出演を飾る。渥美演じる主人公が幼なじみから頼まれて行方を探し求める弟・研吉役だった。以降、森谷司郎監督「二人の恋人」69、「初めての旅」「『されどわれらが日々』より・別れの詩」71、中島貞夫監督「日本暗殺秘録」69、山本迪夫監督「呪いの館・血を吸う眼」71、増村保造監督「音楽」72、藤田敏八監督「エロスは甘き香り」73、熊井啓監督「お吟さま」78といった名匠の作品に、重要な役柄で出演を重ねる。さらにテレビドラマでも、日本テレビ『伝七捕物帳』73~77で中村梅之助演じる主人公・伝七の子分“がってんの勘助”役で好評を博す一方、TBS『新選組始末記』77、フジテレビ『白い巨塔』78など、硬軟問わず幅広く活躍。バイプレーヤーとしての地位を確立する。80年代に入ると「タンポポ」85を皮切りに伊丹十三監督に重用され、「マルサの女」87、「大病人」93、「静かな生活」95、「スーパーの女」96、遺作の「マルタイの女」97まで、一風変わった脇役を巧みに演じて作品に貢献した。また、温厚な雰囲気が作風に合うためか、「ハチ公物語」87以降の神山征二郎監督の作品にも、「ドンマイ」90、「郡上一揆」00、「北辰斜にさすところ」07などで起用され、手堅い演技を披露している。テレビドラマはほかに、NHK『徳川慶喜』98、『ある日、嵐のように』01、『篤姫』08、テレビ朝日『忠臣蔵』04、など多数。各局の2時間サスペンスや、舞台への出演も多い。

キネマ旬報の記事

1981年4月上旬号

ニッポン個性派時代:第85回 高橋長英