男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

半世界

  • はんせかい
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    77.1点(265人)

  • 観たひと

    348

  • 観たいひと

    50

  • レビューの数

    57

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2019/2/15
上映時間 119分
製作会社 キノフィルムズ
配給 キノフィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督阪本順治 
脚本阪本順治 
製作総指揮木下直哉 
エグゼクティブプロデューサー武部由実子 
プロデューサー椎井友紀子 
撮影儀間眞悟 
美術原田満生 
装飾石上淳一 
音楽安川午朗 
音楽プロデューサー津島玄一 
録音藤本賢一 
音響効果岡瀬晶彦 
照明宗賢次郎 
編集普嶋信一 
衣裳岩崎文男 
ヘアメイク宮崎智子 
製作担当松田憲一良 
助監督小野寺昭洋 
スクリプター今村治子 
擬斗二家本辰己 

キャスト

出演稲垣吾郎 高村紘
長谷川博己 沖山瑛介
渋川清彦 岩井光彦
池脇千鶴 高村初乃
竹内都子 岩井麻里
杉田雷麟 高村明
信太昌之 池田
菅原あき 奈月
堀部圭亮 津山
岡本智礼 恩田
原田麻由 白川
牧口元美 藤吉郎
マレロ 江口剣士朗 堅田
大浦彰希 江木
大橋逸生 
中津川巧 黒井
芳野史明 北見
上ノ茗真二 上村
西沢智治 久島
保科光志 横川
井谷三枝子 岩井豊子
小野武彦 大谷吉晴
石橋蓮司 岩井為夫

(C)2018「半世界」FILM PARTNERS

予告編


     

解説

「エルネスト」の阪本順治が、地方都市を舞台に39歳の男3人の友情物語を綴る人間ドラマ。紘は妻子とともに、父から受け継いだ山中の炭焼き窯で製炭をして暮らしている。ある日、中学からの旧友で、自衛隊員として海外派遣されていた瑛介が町に帰ってくる。出演は、「クソ野郎と美しき世界」の稲垣吾郎、「シン・ゴジラ」の長谷川博己、「きらきら眼鏡」の池脇千鶴、「泣き虫しょったんの奇跡」の渋川清彦。

あらすじ

とある地方都市のさらに郊外に暮らす高村紘(稲垣吾郎)とその妻・初乃(池脇千鶴)、息子・明(杉田雷麟)の家族は、父から受け継いだ山中の炭焼き窯で備長炭を製炭して暮らしている。ある日、中学からの旧友で、海外派遣されていた自衛隊員の沖山瑛介(長谷川博己)が突然町に帰ってくる。瑛介は妻子と別れて、一人で故郷に戻ってきた様子だった。紘は、同じく同級生で中古車販売業を営む岩井光彦(渋川清彦)も呼び、十数年振りに3人で酒を飲む。翌日、3人は廃墟同然だった瑛介の実家を掃除し、住める状態にする。紘と光彦は、海外での派遣活動で瑛介が心の傷を負い、それが妻子と別れ、故郷に戻ってきた原因なのではと感じるが、直接聞くこともできずにいた。紘の息子の明は反抗期の真っ最中で、学校でいじめられているようだが、紘は気に留めていなかった。紘は光彦から、息子に関心を持っておらず、それが息子にもバレていると指摘され、ハッとする。数日後、過去を引きずったまま仕事もしていない瑛介を、紘は自分の仕事に誘う。炭材のウバメガシをチェーンソーで伐採し、枝打ちして短く切断すると、窯に火を入れ、炭を掻き出しては灰を掛けることを繰り返す。炭ができると、段ボールに詰め、新規の顧客を開拓しようと営業活動をする。瑛介は、紘がひとりでやってきた仕事ぶりに驚きを隠せない。紘はこれまで感じたことのない張り合いを感じるようになり、そんな父を見る明の目にも変化が現れる。すべてが順調に向かい始めているように見えたが……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年10月上旬特別号

MOVIE at HOME:●誰かに教えたくなるシネマ 「半世界」

2019年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

UPCOMING 新作紹介:「半世界」

REVIEW 日本映画&外国映画:「半世界」

2019年2月上旬号

巻頭特集 「半世界」:インタビュー 稲垣吾郎

巻頭特集 「半世界」:インタビュー 長谷川博己

巻頭特集 「半世界」:インタビュー 渋川清彦

巻頭特集 「半世界」:座談会 阪本順治[監督]×松岡錠司[映画監督]×笠松則通[撮影監督]

巻頭特集 「半世界」:作品論

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.23 登坂広臣と恋愛映画「雪の華」

Shooting Reports 撮影現場ルポ:稲垣吾郎主演作「半世界」