男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

かぞくわり

  • かぞくわり
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    48.5点(14人)

  • 観たひと

    16

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ファンタジー / ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2019/1/19
上映時間 129分
製作会社 「かぞくわり」LLP
配給 日本出版販売
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督塩崎祥平 
脚本塩崎祥平 
プロデューサー弓手研平 
LLPプロデューサー田中敏彦 
佐藤聞雄 
撮影早野嘉伸 
美術橋本泰至 
音楽スワベック・コバレフスキ 
主題歌花*花:(『額縁』(Ten Point Label))
録音出口藍子 
音響効果中村佳央 
照明杉山文朗 
編集目見田健 
衣裳デザイン斎藤安津菜 
ヘアメイク笨田ゆかり 
近藤美香 
サウンドデザイン石井ますみ 
キャスティングプロデューサー近藤芳憲 
ライン・プロデューサー馬場麻紀 
助監督高田眞幸 
スチールかしわだにたかし 
VFX東海林毅 
音楽協力大倉源次郎 

キャスト

(C)2018 かぞくわり LLP

場面

予告編


     

解説

奈良を拠点に活動する塩崎祥平(「茜色の約束 サンバdo金魚」)が、作家・折口信夫の『死者の書』をヒントに作り上げたドラマ。両親に画家の夢を否定されて以来、定職にも就かず、実家でニートな生活を送る38歳の香奈。その前に、謎の青年が現れる。香奈を演じる陽月華(「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」)は、元宝塚のトップ娘役出身で、本作が初主演。共演は「サバイバルファミリー」の小日向文世、「聖の青春」の竹下景子。

あらすじ

太陽が三輪山から上り、二上山に沈む奈良。この地には、1300年以上の歴史を誇る寺があり、そこに祀られる曼荼羅を一夜にして織り上げたという姫の伝説があった。その姫の生まれ変わりである香奈(陽月華)は、平凡な家庭で育つが、両親に画家の夢を拒絶されたことをきっかけに、定職にも就かず、38歳となった今も実家暮らし。そんなある日、結婚して家を出ていた妹の暁美(佃井皆美)が、娘の樹月(木下彩音)を連れて出戻ってくる。香奈のニートな生き方を受け入れられない暁美が、家族のあり方に意見したことから、生活は混乱。そして、香奈の前には謎の青年が現れる。この出会いをきっかけに、再び画家の世界へと足を踏み入れる香奈。だがそれは、街全体を巻き込む大騒動を引き起こす。やがて、香奈の中に眠る姫の魂が目覚めるが……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年2月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「かぞくわり」

2019年1月下旬新春特別号

UPCOMING 新作紹介:「かぞくわり」