男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

竹下景子

  • Takeshita Keiko
  • 出演
本名
出身地 名古屋市東区の生まれ
生年月日 1953年9月15日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

愛知県名古屋市の生まれ。内気な性格を治すため中学・高校と演劇部に入り、NHK名古屋のドラマ『中学生群像』に出演。高校卒業後は東京女子大学文理学部に進み、NHK『波の塔』73などで本格的に女優として活動を始める。1975年、山下耕作監督「日本任俠道・激突篇」で映画デビュー。同年の黒木和雄監督「祭りの準備」の主人公の幼なじみ役で注目される。76年にはTBS『クイズダービー』のレギュラー解答者となり、92年まで続いた同番組の顔となった。77年に対談番組で荒舩清十郎代議士から「息子の嫁にしたい」と言われたのは、当時の好感度の高さを象徴するエピソード。ヒロインを演じた岡本喜八監督のSF映画「ブルークリスマス」78は興行的に不発に終わるが人気自体は衰えず、NHK大河ドラマ『黄金の日々』78や舞台に出演。フジテレビ『北の国から』81では北海道で成長する兄妹の叔母・雪子役を演じ、国民的人気シリーズに発展した同ドラマの主要キャストとなる。82年、市川森一脚本のTBS『十二年間の嘘』でたくましく生きるソープ嬢・モモ子役に扮し清純派の殻を破る。その後も7作続いた『モモ子』シリーズはテレビドラマでの代表作。83年には山田洋次監督「男はつらいよ・口笛を吹く寅次郎」のマドンナ役に起用される。以後も「知床慕情」87、「寅次郎心の旅路」89と出演が続き、「男はつらいよ」シリーズ3作で別々の役のマドンナを演じた唯一の女優となった。84年、カメラマンの関口照生と結婚。二男をもうける。結婚後も数々のドラマと舞台を中心に活躍。妻となり母となってもデビュー以来の清潔感と聡明な雰囲気を保ち続ける。93年には斎藤耕一監督「望郷」、山田洋次監督「学校」と2本の映画の熱演で高い評価を受けた。07年、舞台『朝焼けのマンハッタン』『海と日傘』で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。近年はNHK『坂の上の雲』09の秋山兄弟の母、連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』10の漫画家・茂の母と、優しさの中に風格を備えた役が増え、キャリアの円熟期を迎えている。

キネマ旬報の記事

2006年11月上旬号

これがはじまり:第8回 竹下景子