男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ねことじいちゃん

  • ねことじいちゃん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    65.9点(88人)

  • 観たひと

    124

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2019/2/22
上映時間 103分
製作会社 「ねことじいちゃん」製作委員会(クロックワークス=KADOKAWA=東海テレビ放送=RIKI プロジェクト=岩合写真事務所=クレヴィス=ひかり TV) (制作プロダクション:RIKI プロジェクト)
配給 クロックワークス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督岩合光昭 
脚本坪田文 
原作ねこまき:(『ねことじいちゃん』(KADOKAWA 刊))
エグゼクティブプロデューサー藤本款 
企画野副亮子 
プロデューサー深瀬和美 
永井拓郎 
中島裕作 
制作担当永原将和 
撮影石垣求 
美術新田隆之 
装飾湯澤幸夫 
音楽安川午朗 
録音山口満大 
音響効果勝亦さくら 
照明加藤義明 
編集加藤ひとみ 
スタイリスト馬場恭子 
ヘアメイク酒井啓介 
長島由香 
助監督松本壇 
VFX プロデューサー大澤宏二郎 
アニマルコーディネーター菊田秀逸 
フードスタイリスト飯島奈美 

キャスト

出演立川志の輔 大吉
柴咲コウ 美智子
柄本佑 若村健太郎
銀粉蝶 サチ
山中崇 
葉山奨之 内村聡
田根楽子 
小林トシ江 
片山友希 
立石ケン 
中村鴈治郎 
田中裕子 よしえ
小林薫 

(C)2018「ねことじいちゃん」製作委員会

予告編


     

解説

動物写真家の岩合光昭が、落語家・立川志の輔を主演に迎え、同名人気コミックを実写映画化。猫と老人ばかりの小さな島。飼い猫タマと暮らす70歳の大吉は、幼なじみの巌や気心知れた友人たちと共にのんびり毎日を過ごしていたが、ある日、突然倒れてしまい……。共演は「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の柴咲コウ、「きみの鳥はうたえる」の柄本佑、「ぼくのおじさん」の銀粉蝶、「菊とギロチン」の山中崇、「恋は雨上がりのように」の葉山奨之、「家路」の田中裕子、「深夜食堂」シリーズの小林薫。脚本を「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の坪田文、音楽を「孤狼の血」の安川午朗が務める。

あらすじ

美しい風景が広がる、猫と老人ばかりの小さな島。2年前に妻・よしえ(田中裕子)に先立たれ、飼い猫タマと暮らす70歳の大吉(立川志の輔)の日課は、タマとの朝の散歩。趣味は、よしえが残した料理レシピノートを完成させることだった。島にカフェをオープンした若き女性・美智子(柴咲コウ)に料理を教わったり、幼なじみの巌(小林薫)や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。だが、寒さが厳しくなったある日、大吉は突然倒れてしまい、父を心配する息子(山中崇)から「東京で一緒に暮らそう」と同居を提案され、大吉は島を離れるか残るのかを悩み始める。そんななか、突然タマが姿を消してしまい……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年3月下旬映画業界決算特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ねことじいちゃん」

2019年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

UPCOMING 新作紹介:「ねことじいちゃん」