男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

この道

  • このみち
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    64.3点(47人)

  • 観たひと

    59

  • 観たいひと

    17

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル 時代劇 / 伝記 / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2019/1/11
上映時間 105分
製作会社 映画「この道」製作委員会(LDH JAPAN=朝日新聞社=電通=小学館=TBSサービス=TBSラジオ=ローソン=スタジオブルー=TCエンタテインメント)
配給 HIGH BROW CINEMA
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督佐々部清 
脚本坂口理子 
プロデューサー間瀬泰宏 
音楽和田薫 
主題歌EXILE ATSUSHI:(『この道』(rhythm zone))

キャスト

出演大森南朋 北原白秋
AKIRA 山田耕筰
貫地谷しほり 菊子
松本若菜 松下俊子
小島藤子 記者
由紀さおり 『からたちの花』歌手
安田祥子 『からたちの花』歌手
津田寛治 菊池寛
升毅 秦彦三郎
稲葉友 室生犀星
伊嵜充則 高村光太郎
佐々木一平 萩原朔太郎
近藤フク 石川啄木
松本卓也 大手拓次
柳沢慎吾 鈴木三重吉
羽田美智子 与謝野晶子
松重豊 与謝野 鉄幹

(C)2019 映画「この道」製作委員会

場面

予告編


     

解説

「ゾウを撫でる」の佐々部清監督が、大森南朋とEXILE AKIRAを主演に迎え、詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生を音楽家・山田耕筰との友情とともに映す伝記ドラマ。日本人の心の故郷として親しまれ、100年を経た今でも歌い継がれている“童謡”誕生の裏側を見つめる。共演は「悼む人」の貫地谷しほり、「コーヒーが冷めないうちに」の松本若菜、「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」の柳沢慎吾、「ゾウを撫でる」の羽田美智子、「検察側の罪人」の松重豊。脚本を「かぐや姫の物語」「恋は雨上がりのように」の坂口理子、音楽を「忠臣蔵外伝 四谷怪談」「ハードロマンチッカー」の和田薫が務める。

あらすじ

九州柳川から文学を志し上京した北原白秋(大森南朋)は、隣家の美人妻・俊子(松本若菜)に気もそぞろ。逢瀬を俊子の夫に見つかり姦通罪で入獄されてしまう。白秋の才能を眠らすまいと与謝野鉄幹(松重豊)・晶子(羽田美智子)夫妻が奔走。白秋は釈放されるが、恩も顧みずのうのうと俊子と結婚する。だが俊子は家出、白秋は入水自殺を図るが蟹に足を噛まれ断念する。そんななか、日本の子供たちに日本人による“童謡”を創ろうと決起した鈴木三重吉(柳沢慎吾)は奇抜な詩で名を馳せていた白秋と、ドイツ留学を経て日本で初めて交響楽団を結成した音楽家・山田耕作(AKIRA)に童謡創作の白羽の矢を立てる。当初は才能がぶつかり反目する二人だったが、大正12年、関東大震災の惨状を前に打ちひしがれた子供たちを元気づけるため、手を取り合い数々の童謡を発表。しかし、戦争の暗雲が垂れ込めるなか、子供たちを戦場に送り出す軍歌を創るよう命じられた二人は苦悩の淵に立つのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年1月下旬新春特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「この道」

2019年1月上旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「この道」