男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

万引き家族

  • まんびきかぞく
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    82.1点(1524人)

  • 観たひと

    2036

  • 観たいひと

    239

  • レビューの数

    232

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018/6/8
上映時間 120分
製作会社 フジテレビ=ギャガ=AOI Pro.(制作プロダクション:AOI Pro.)
配給 ギャガ
レイティング PG-12
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督是枝裕和 
脚本是枝裕和 
製作石原隆 
依田巽 
中江康人 
プロデューサー松崎薫 
代情明彦 
田口聖 
撮影近藤龍人 
美術三ツ松けいこ 
装飾松葉明子 
音楽細野晴臣 
録音冨田和彦 
音響効果岡瀬晶彦 
照明藤井勇 
編集是枝裕和 
衣装黒澤和子 
ヘアメイク酒井夢月 
キャスティング田端利江 
アソシエイトプロデューサー大澤恵 
小竹里美 
ラインプロデューサー熊谷悠 
制作担当後藤一郎 
助監督森本晶一 

キャスト

出演リリー・フランキー 柴田治
安藤サクラ 柴田信代
松岡茉優 柴田亜紀
池松壮亮 4番さん
城桧吏 柴田祥太
佐々木みゆ ゆり
緒形直人 柴田譲
森口瑤子 柴田葉子
山田裕貴 北条保
片山萌美 北条希
柄本明 川戸頼次
高良健吾 前園巧
池脇千鶴 宮部希衣
樹木希林 柴田初枝

(C)2018『万引き家族』 製作委員会

場面

予告編


     

解説

「三度目の殺人」の是枝裕和監督長編14作目。東京の下町で、犯罪で生計を立てている貧しい一家。ある日、父・治と息子・祥太は万引きの帰り道、凍えている幼い女の子を見つけ、連れて帰る。体じゅうの傷から境遇を察した妻・信代は、家族として受け入れる。出演は、「美しい星」のリリー・フランキー、「DESTINY 鎌倉ものがたり」の安藤サクラ、「ちはやふる」シリーズの松岡茉優、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の池松壮亮、「64 ロクヨン」前後編の緒方直人、「ちょっと今から仕事やめてくる」の森口瑤子、「あゝ、荒野」前後篇の山田裕貴、「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE『富美子の足』」の片山萌美、「今夜、ロマンス劇場で」の柄本明、「彼女の人生は間違いじゃない」の高良健吾、「怒り」の池脇千鶴、「海よりもまだ深く」の樹木希林。第71回(2018年)カンヌ国際映画祭にてパルムドール受賞。

あらすじ

再開発が進む東京の下町のなか、ポツンと残された古い住宅街に暮らす一家。日雇い労働者の父・治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は、生活のために“親子”ならではの連係プレーで万引きに励んでいた。その帰り、団地の廊下で凍えている幼い女の子を見つける。思わず家に連れて帰ってきた治に、妻・信代(安藤サクラ)は腹を立てるが、ゆり(佐々木みゆ)の体が傷だらけなことから境遇を察し、面倒を見ることにする。祖母・初枝(樹木希林)の年金を頼りに暮らす一家は、JK見学店でバイトをしている信代の妹・亜紀(松岡茉優)、新しい家族のゆりも加わり、貧しいながらも幸せに暮らしていたが……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年8月下旬号

上半期決算特集 2018年の日本映画はどうなっているんだ!:「万引き家族」カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞

2018年8月上旬特別号

読者の映画評:「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」川久保圭子/「万引き家族」井口祐介/「心と体と」

2018年7月下旬特別号

読者の映画評:「万引き家族」三宅健士朗/「万引き家族」原田隆司/「ハッピーエンド」毛利孝子

2018年7月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「万引き家族」

2018年6月下旬号

「万引き家族」:対談 リリー・フランキー×是枝裕和[監督]

「万引き家族」:インタビュー 安藤サクラ

「万引き家族」:インタビュー 樹木希林

「万引き家族」:作品評

UPCOMING 新作紹介:「万引き家族」

2018年4月下旬号

撮影現場ルポ「万引き家族」: