男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

火花(2017)

  • ひばな
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    72.6点(313人)

  • 観たひと

    428

  • 観たいひと

    98

  • レビューの数

    50

基本情報

ジャンル 青春 / 文芸 / ドラマ
製作国 日本
製作年 2017
公開年月日 2017/11/23
上映時間 121分
製作会社 吉本興業=東宝=電通=ジェイアール東日本企画=文藝春秋=朝日新聞社=KDDI=日本出版販売=GYAO(制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー=東宝映画/制作プロダクション:ザフール=パイプライン)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督板尾創路 
脚本板尾創路 
豊田利晃 
原作又吉直樹:(『火花』(文春文庫 刊))
エグゼクティブ・プロデューサー藤原寛 
上田太地 
プロデュース片岡秀介 
臼井央 
企画片岡秀介 
臼井央 
製作岡本昭彦 
市川南 
共同製作吉崎圭一 
弓矢政法 
松井清人 
宮崎伸夫 
髙橋誠 
吉川英作 
荒波修 
チーフプロデューサー古賀俊輔 
プロデューサー鳥澤晋 
西野智也 
撮影福本淳 
美術宮守由衣 
装飾野村哲也 
音楽石塚徹 
音楽プロデューサー田井モトヨシ 
主題歌菅田将暉:(『浅草キッド』)
桐谷健太:(『浅草キッド』)
録音久連石由文 
音響効果柴崎憲治 
照明市川徳充 
編集今井剛 
衣裳宮本まさ江 
ヘアメイク徳田芳昌 
ラインプロデューサー武石宏登 
助監督猪腰弘之 
VFXスーパーバイザー進威志 

キャスト

出演菅田将暉 徳永
桐谷健太 神谷
木村文乃 真樹
川谷修士 山下
三浦誠己 大林
加藤諒 鹿谷
高橋努 
日野陽仁 
山崎樹範 

(C)2017「火花」製作委員会

場面

解説

又吉直樹の第153回芥川賞受賞作を「月光ノ仮面」の板尾創路の監督・脚本で映画化。売れない若手芸人の徳永は先輩芸人・神谷に魅了され、弟子になりたいと申し出る。神谷は了承し、自分の伝記を書いてほしいと頼む。徳永は神谷との日々をノートに書き綴る。共同脚本は、「クローズEXPLODE」監督の豊田利晃。出演は、「キセキ あの日のソビト」の菅田将暉、「彼らが本気で編むときは、」の桐谷健太、「追憶」の木村文乃。

あらすじ

お笑い芸人の徳永(菅田将暉)はスパークスというコンビでデビューするも、まったく芽が出ない。徳永は営業先の花火大会で4歳上の先輩芸人・神谷(桐谷健太)と出会う。あほんだらというコンビで常識の枠からはみ出した漫才を披露した神谷に魅了された徳永は、「弟子にしてください」と申し出る。神谷はそれを了承し、自分の伝記を書いてほしいと徳永に頼む。その日から、徳永は神谷との日々をノートに書き綴る。その後、拠点を大阪から東京に移した神谷に再会した徳永は、毎日のように芸の議論を交わし、神谷の同棲相手である真樹(木村文乃)とも親しくなる。仕事はほぼないが、才能を磨き合う充実した日々を送るが、やがて二人の間にわずかな意識の違いが生まれ始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年2月上旬号

読者の映画評:「オリエント急行殺人事件」平田雄己/「火花」志村秀人/「探偵はBARにいる3」グルーチョ・中井

2017年12月上旬号

INTERVIEW:板尾創路「火花」

UPCOMING 新作紹介:「火花」

REVIEW 日本映画&外国映画:「火花」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報 featuring 菅田将暉

特集 菅田将暉のプリズム:「火花」インタビュー 〈使命と幸福〉