男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

板尾創路

  • Itsuji Itao
  • 出演/監督/企画/脚本
本名
出身地 大阪府富田林市
生年月日 1963/07/18
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

大阪府富田林市の生まれ。柏原高校(現・東大阪大学柏原高校)を卒業後、吉本興業のタレント養成所・NSCに4期生として入学。1986年に同期の蔵野孝洋とお笑いコンビ“130R”を結成し、ボケを担当する。88年よりダウンタウンが司会の大阪毎日放送のバラエティ番組『4時ですよーだ』などに出演。91年からフジテレビ『ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演し、“板尾係長”や“シンガー板尾”などシュールなコントで全国区の人気を得る。俳優としては、97年に福岡芳穂監督「マネージャーの掟」で映画初出演。2003年の豊田利晃監督「ナイン・ソウルズ」では恋人の浮気相手を殺害して服役した元AV男優に扮し、静かな中に狂気を秘めた演技が光った。続けて豊田と組んだ「空中庭園」05では、小泉今日子演じる妻に内緒で若い愛人と密会を重ねる夫役。この頃から性格俳優としての一面がクローズアップされる。山口雄大監督「怪奇穴人間」04の主演をはじめ、「魁!クロマティ高校 THE MOVIE」05の覆面高校生役など、コメディ、ホラー、アクションでも幅広く怪演するほか、松岡錠司監督「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」07、松本人志監督「大日本人」07、「さや侍」11、豊田監督「蘇りの血」09など多彩な作品群に出演。是枝裕和監督「空気人形」09では、ペ・ドゥナ演じる恋人代わりのラブドールと暮らす冴えない中年男をリアルに表現して評判となった。10年に初監督作品「板尾創路の脱獄王」を発表。テレビドラマの出演作に、NHK連続テレビ小説『芋たこなんきん』06、フジテレビ『救命病棟24時』09、日本テレビ『木下部長とボク』10、テレビ朝日『検事・鬼島平八郎』10などがある。監督第2作「月光ノ仮面」は12年1月公開予定。本業のお笑いでも、NHK『着信御礼!ケータイ大喜利』、テレビ東京『板尾ロマン』などのバラエティで鋭いセンスを発揮している。

キネマ旬報の記事

2014年8月下旬号

板尾プロット:第46回 最終回 自分の人生を初めて振り返ってきてみて思うこと

2014年8月上旬号

板尾プロット:第45回 エンターテインメントの世界にいる人間に出来ること

2014年7月下旬号

板尾プロット:第44回 映画は国境を越えて世界に届く可能性がいちばん高い表現かもしれない

2014年7月上旬号

板尾プロット:第43回 最高の映像素材を得られた「月光ノ仮面」の撮影と、忘れもしない完成の日

2014年6月下旬号

板尾プロット:第42回 “映画の神様が降りてきた”「月光ノ仮面」のキャスティング

2014年6月上旬号

板尾プロット:第41回 まったくの快楽原則から生まれた監督第2作「月光ノ仮面」

2014年5月下旬号

板尾プロット:第40回 長編デビュー作「板尾創路の脱獄王」への道(その6)

2014年5月上旬号

板尾プロット:第39回 長編デビュー作「板尾創路の脱獄王」への道(その5)

2014年4月下旬号

板尾プロット:第38回 長編デビュー作「板尾創路の脱獄王」への道(その4)

2014年4月上旬号

板尾プロット:第37回 長編デビュー作「板尾創路の脱獄王」への道(その3)

2014年3月下旬号

板尾プロット:第36回 長編デビュー作「板尾創路の脱獄王」への道(その2)

2014年3月上旬号

板尾プロット:第35回 長編デビュー作「板尾創路の脱獄王」への道(その1)

2014年2月上旬号

板尾プロット:第34回 お互いに説明のいらない関係性の仲間たち

2014年1月下旬号

板尾プロット:第33回 音楽の仕事からの出会い

2014年1月上旬号

板尾プロット:第32回 繰り返して観ているうちに、だんだん大切な一本になってくる映画

2013年12月下旬号

板尾プロット:第31回 劇場公開デビュー作の短篇で実感した監督業の面白さ

2013年12月上旬号

板尾プロット:第30回 「大日本人」の感動と“監督”への刺激

2013年11月下旬号

板尾プロット:第29回 映画の裏側にある人間模様と岸田森さんへの憧れ

2013年11月上旬号

板尾プロット:第28回 『板尾日記』に明かしてなかった話

2013年10月下旬号

板尾プロット:第27回 出会いの連鎖の積み重ね

2013年10月上旬号

板尾プロット:第26回 映画作りの醍醐味に触れることで湧き出す純粋な衝動

2013年9月下旬号

板尾プロット:第25回 演劇への出演とつながっていく出会い

2013年9月上旬号

板尾プロット:第24回 同じテーマを感じた映画「空中庭園」とテレビ『家族ゲーム』

2013年8月下旬号

板尾プロット:第23回 長い付き合いになるいろんな出会い

2013年8月上旬号

板尾プロット:第22回 俳優業への進出(4)-俳優オファーの増加

2013年7月下旬号

板尾プロット:第21回 俳優業への進出(3)-豊田監督との出会いと「ナイン・ソウルズ」

2013年7月上旬号

板尾プロット:第20回 俳優業への進出(2)-「映画で芝居した」実感と「世界とつながる」感覚

2013年6月下旬号

板尾プロット:第19回 俳優業への進出(1)-初めての映画撮影体験

2013年6月上旬号

板尾プロット:第18回 『ごっつ』の時代-テレビの怖さとエンタテインメントの宿命

2013年5月下旬号

板尾プロット:第17回 『寸止め海峡(仮)の頃-松本人志と三木聡』

2013年5月上旬号

板尾プロット:第16回 『ごっつ』の時代--『シンガー板尾』の誕生

2013年4月下旬号

板尾プロット:第15回 東京進出-『ごっつ』への抜擢と「無能の人」の衝撃

2013年4月上旬号

板尾プロット:第14回 昭和から平成へ-キューブリック作品との出会いなど

2013年3月下旬号

板尾プロット:第13回 オモロイことに貧欲だった若手時代

2013年3月上旬号

板尾プロット:第12回 芸人の先輩方が切り開いた土壌

2013年2月上旬号

板尾プロット:第11回 130Rの結成とロマンポルノ

2013年1月下旬号

板尾プロット:第10回 心斎橋2丁目劇場から始まる物語

2013年1月上旬号

板尾プロット:第9回 NSC入学とレンタルビデオ時代の到来

2012年12月下旬号

板尾プロット:第8回 漫才ブームの到来と可能性の芽吹き

2012年12月上旬号

板尾プロット:第7回 もやもやした中を漂っていた青年時代

2012年11月下旬号

板尾プロット:第6回 面白いもんに出会いたい

2012年11月上旬号

板尾プロット:第5回 「小さな恋のメロディ」好きの不良

2012年10月下旬号

板尾プロット:第4回 初めて“芸術の匂い”みたいなものを嗅いだ太陽の塔

2012年10月上旬号

板尾プロット:第3回 ラジオの影響はものすごく大きい

2012年9月下旬号

板尾プロット:第2回 子供の頃から、どこか暗いものに惹かれていた

2012年9月上旬号

板尾プロット:第1回 映像作品との出会い

2012年1月下旬号

「月光ノ仮面」-異形の映画作家・板尾創路の魔力:インタビュー 板尾創路[監督・脚本・主演]

「月光ノ仮面」-異形の映画作家・板尾創路の魔力:寄稿 映画制作における板尾創路の究極の理解者より

「月光ノ仮面」-異形の映画作家・板尾創路の魔力:作品評 迷宮感覚に満ちた箱庭に誘う中毒性の高い作家映画

2011年6月下旬号

巻頭特集 芸人×映画「さや侍」に見る、新しい娯楽映画の可能性:対談 松本人志×板尾創路

2010年1月下旬号

インタビュー:板尾創路「板尾創路の脱獄王」監督・脚本・企画・主演

2006年臨時増刊 Kinezo 2006 #1

お勧め芸人俳優座談会/芸人俳優出演新作紹介:宮迫博之、板尾創路、塚地武雅、田中直樹、木村祐一、石井正則、矢部太郎、片桐仁、与座嘉秋ほか

2005年9月上旬号

INTERVIEW キネ旬インタビュー:板尾創路