男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

PとJK

  • ぴーとじぇーけー
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    58.7点(160人)

  • 観たひと

    245

  • 観たいひと

    60

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
製作国 日本
製作年 2017
公開年月日 2017/3/25
上映時間 124分
製作会社 「PとJK」製作委員会(松竹=日本テレビ放送網=木下グループ=ジェイ・ストーム=読売テレビ放送=札幌テレビ放送=STVラジオ=)(企画:松竹/制作プロダクション:ザフール/制作協力:松竹撮影所 東京スタジオ)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督廣木隆一 
脚本吉川菜美 
原作三次マキ:(『PとJK』(講談社『別冊フレンド』連載))
製作総指揮大角正 
エグゼクティブプロデューサー関根真吾 
企画吉田繁暁 
プロデューサー宇高武志 
石田聡子 
北島直明 
協力プロデューサー楠本直樹 
撮影鍋島淳裕 
美術丸尾知行 
松本知恵 
装飾藤田徹 
音楽大橋好規 
音楽プロデューサー高石真美 
劇中歌ブルーノ・マーズ:(「マリー・ユー」(ワーナーミュージック・ジャパン))
録音深田晃 
音響効果佐藤祥子 
照明かげつよし 
編集菊池純一 
スタイリスト新崎みのり 
ヘアメイク永江三千子 
ラインプロデューサー湊谷恭史 
制作担当小沼秀剛 
プロダクションマネージャー村山亜希子 
助監督片桐健滋 
近藤有希 
スクリプター菅谷雪乃 
視覚効果松本肇 

キャスト

出演亀梨和也 佐賀野功太
土屋太鳳 本谷歌子
高杉真宙 大神平助
玉城ティナ 矢口三門
西畑大吾(関西ジャニーズJr.)永倉二郎
江口のりこ 
川瀬陽太 
河井青葉 
古谷佳也 
高橋メアリージュン 
瀬戸利樹 伊藤
小林優斗 金子
松永拓野 岡田
松本大志 西
村上淳 本谷誠一
ともさかりえ 本谷陽子
大政絢 小森ふみ
田口トモロヲ 山本修一

(C)2017「PとJK」製作委員会

解説

警察官と女子高生の秘密の結婚を綴った少女コミックを、亀梨和也と土屋太鳳の共演で映画化。高校生のカコは合コンで出会った警察官の功太と惹かれ合い、立場上高校生と軽々しく付き合えない功太はプロポーズ。しかし二人の結婚生活には困難が待ち受けていた。Pは警察官(Police Officer)を、JKは女子高生を指す。監督は「オオカミ少女と黒王子」「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一。函館を中心に北海道でオールロケされた。

あらすじ

恋愛に不慣れな女子高生カコ(土屋太鳳)は、友達に誘われていった合コンで出会った功太(亀梨和也)と惹かれ合う。恋の始まりに胸躍らせるカコだったが、彼女が高校生だと知った途端に功太の態度がつれなくなる。功太は警察官であり、立場上高校生とは付き合えないと自分を抑えていたためだった。しかし功太をかばってカコが怪我をし、彼女の思いに打たれた功太は二人が一緒にいるために正式に結婚しようとプロポーズ。大反対だったカコの父親も功太の熱意に触れ、高校卒業までは通い婚をし、結婚していることを隠し通すことを条件に承諾する。こうして秘密の結婚生活がはじまるが、警察官と女子高生という立場の違いからすれ違いが生じ、さらには大事件に巻き込まれてしまう……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年4月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「PとJK」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.12「無限の住人」

第二特集  俳優という仕事 アイドルというステイタス:撮りおろし&8,000字ロングインタビュー Vol.2 亀梨和也(「PとJK」)

2017年4月上旬号

FACE 高杉真宙:「PとJK」「ReLIFE リライフ」

UPCOMING 新作紹介:「PとJK」

2017年1月下旬号

キラキラ青春映画に飛び込め!:監督に聞く、キラキラ★のつくり方  廣木隆一「PとJK」