男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

  • みすぺれぐりんときみょうなこどもたち
  • MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
  • MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
  • 平均評点

    74.6点(415人)

  • 観たひと

    590

  • 観たいひと

    159

  • レビューの数

    70

基本情報

ジャンル 冒険 / ファンタジー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2017/2/3
上映時間 127分
製作会社
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

場面

予告編


     

解説

ティム・バートンがランサム・リグズの小説『ハヤブサが守る家』を映画化したファンタジー。孤独な少年ジェイクは、謎の死を遂げた祖父の遺言に従って小さな島を訪れる。そこで、森の奥の古い屋敷に暮らすミス・ペレグリンと奇妙な子どもたちに出会うが……。出演は「007/カジノ・ロワイヤル」のエヴァ・グリーン、「ヒューゴの不思議な発明」のエイサ・バターフィールド。

あらすじ

フロリダで生まれ育ったジェイク(エイサ・バターフィールド)は、周囲に馴染めない孤独な少年。そんな彼の唯一の理解者である祖父が、謎めいた死を遂げる。祖父の遺言に従って小さな島を訪れたジェイクは、森の奥で古びた屋敷を発見。そこには、美しくも厳格なミス・ペレグリン(エヴァ・グリーン)と奇妙な子どもたちが暮らしていた。やがて彼らと心を通わせ、その不思議な能力を知るジェイク。しかもなぜか、彼らは毎日、1940年の9月3日を繰り返していたのだ。ジェイクがその事実と理由を知った頃、目に見えない脅威が屋敷に迫っていた。だが、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか。そして、自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙な子どもたちに訪れる大きな変化。そして、自らの身体に宿る力に気付いたジェイクは、屋敷に迫る脅威に立ち向かってゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年3月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」

2017年2月上旬号

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:インタビュー ティム・バートン[監督]

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:私はいつまでも"奇妙であること"を愛し続ける

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:ウィアードでダークで、感動的で素敵なファンタジー~原作の魅力とバートンらしさ

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:"ナイトメア"から"白昼"の人へ ヴィジュアリスト・手塚眞が語る"同胞"ティム・バートン

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:黒の魔性/ブロンドの華という二面性~ティム・バートン映画のヒロイン

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:"怪獣使い"ティム・バートンの成熟~アメリカの闇から夢の体現者へ

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:背景としてのピクチャレスク、あるいはゴシック~ティム・バートン映画の建築論

UPCOMING 新作紹介:「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」