男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ティム・バートン

  • Tim Burton
  • 監督/製作/原作/脚本/プロデューサー
本名
出身地 アメリカ、カリフォルニア州バーバンク
生年月日 1958年8月25日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【ファンタジーやホラーでカルト映画人気をリード】アメリカ、カリフォルニア州の郊外の町バーバンク出身。幼い頃から怪獣・ホラー映画に親しんで育ち、学生時代には8ミリの怪獣映画を自主製作する。高校卒業後は絵の才能で奨学金を得て、カリフォルニア芸術大学でアニメーションを学び、ディズニーに就職。アニメーターとしてアニメ映画「指輪物語」「きつねと猟犬」などに参加し、1982年、白黒の人形アニメーション映画「ヴィンセント」で初監督。往年の怪奇映画俳優ヴィンセント・プライスにオマージュを捧げたこの短編は評判を呼び、続いて84年に短編「フランケンウィニー」を監督。翌85年、人気コメディアン、ポール・ルーベンス主演の「ピーウィーの大冒険」で長編監督デビュー。低予算ながらヒットを記録し、新進監督として一躍注目を浴びる。89年、人気アメリカン・コミックの実写化映画「バットマン」の監督に抜擢。前年の「ビートルジュース」で組んだコメディアン出身の俳優マイケル・キートンをバットマン役に迎え、そのキャスティングは原作ファンから不評を受けたものの、公開されるやメガヒット。精神的な暗部に欠陥を抱えるヒーローとして描かれたバートン版バットマンは、大人の観賞にも耐えうるアメコミ映画の登場として、現在に続くアメコミ映画ブームの牽引役となる。90年には、代表作となる「シザーハンズ」を発表。この作品でバートン自身を投影した役柄を演じたジョニー・デップとは、以後「エド・ウッド」(94)、「スリーピー・ホロウ」(99)、「ティム・バートンのコープスブライド」(05)、「チャーリーとチョコレート工場」(05)、「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」(07)でも組み、ともに独自の地位を築き合う名コンビとなる。【オタク少年から成熟した大人の監督へ】90年代から2000年代にかけてのアメリカ映画界で、バートンはタランティーノと並ぶオタク系映画監督として、若者層から絶大な支持を得る。「猿の惑星」(68)のリメイク版「PLANET OF THE APES 猿の惑星」(01)で、イギリス人女優ヘレナ・ボナム=カーターと出会い、ロンドンへ移住。その後の父の病死、ボナム=カーターとの間の第一子誕生を経験した後の2003年、「ビッグ・フィッシュ」を監督。この作品で、ファンタジーを愛しながらも現実を受け入れる視点を持ち合わせた、成熟した作風へと変化した。

キネマ旬報の記事

2017年2月上旬号

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:インタビュー ティム・バートン[監督]

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:私はいつまでも"奇妙であること"を愛し続ける

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:ウィアードでダークで、感動的で素敵なファンタジー~原作の魅力とバートンらしさ

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:"ナイトメア"から"白昼"の人へ ヴィジュアリスト・手塚眞が語る"同胞"ティム・バートン

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:黒の魔性/ブロンドの華という二面性~ティム・バートン映画のヒロイン

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:"怪獣使い"ティム・バートンの成熟~アメリカの闇から夢の体現者へ

ティム・バートンと孤独者たちの楽園「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:背景としてのピクチャレスク、あるいはゴシック~ティム・バートン映画の建築論

2012年12月下旬号

「フランケンウィニー」:インタビュー ティム・バートン(監督)

「フランケンウィニー」:コラム「フランケンウィニー」にみるティム・バートンの原点

2012年6月上旬号

ティム・バートン世界を解く「ダーク・シャドウ」:作品評

ティム・バートン世界を解く「ダーク・シャドウ」:インタビュー ティム・バートン監督

ティム・バートン世界を解く「ダーク・シャドウ」:ジョニー・デップが語る蜜月な信頼の基盤

2010年4月下旬号

巻頭特集「アリス・イン・ワンダーランド」:ティム・バートン監督インタビュー

巻頭特集「アリス・イン・ワンダーランド」:ティム・バートン論

2008年2月上旬1500号記念特別号

作品特集 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」:ティム・バートン[監督] インタビュー

作品特集 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」:コラム ティム・バートン&ジョニー・デップコンビの系譜

2005年10月下旬号

特別企画 ティム・バートン劇場「チャーリーとチョコレート工場」「ティム・バートンのコープス ブライド」:ジョニー・デップ インタビュー

特別企画 ティム・バートン劇場「チャーリーとチョコレート工場」「ティム・バートンのコープス ブライド」:ティム・バートン監督 インタビュー

特別企画 ティム・バートン劇場「チャーリーとチョコレート工場」「ティム・バートンのコープス ブライド」:ダニー・エルフマン(音楽) インタビュー

特別企画 ティム・バートン劇場「チャーリーとチョコレート工場」「ティム・バートンのコープス ブライド」:リチャード・D・ザナック(製作) インタビュー

特別企画 ティム・バートン劇場「チャーリーとチョコレート工場」「ティム・バートンのコープス ブライド」:ヘレナ・ボナム=カーター インタビュー

特別企画 ティム・バートン劇場「チャーリーとチョコレート工場」「ティム・バートンのコープス ブライド」:マイク・ジョンソン監督 インタビュー

特別企画 ティム・バートン劇場「チャーリーとチョコレート工場」「ティム・バートンのコープス ブライド」:作品評

特別企画 ティム・バートン劇場「チャーリーとチョコレート工場」「ティム・バートンのコープス ブライド」:ティム・バートン監督の軌跡

特別企画 ティム・バートン劇場「チャーリーとチョコレート工場」「ティム・バートンのコープス ブライド」:ティム・バートン監督の興行価値

2004年5月下旬号

特集 「ビッグ・フィッシュ」:ティム・バートンの軌跡、ティム・バートン監督 インタビュー

2004年4月下旬号

HOT SHOTS:ティム・バートン

2001年8月下旬号

作品特集 「PLANET OF THE APES/猿の惑星」第2弾:ティム・バートン監督 インタビュー

2001年8月上旬号

巻頭特集 「PLANET OF THE APES/猿の惑星」:ティム・バートン フィルモグラフィー

巻頭特集 「PLANET OF THE APES/猿の惑星」:ティム・バートン作家論

巻頭特集 「PLANET OF THE APES/猿の惑星」:ティム・バートン 自作を語る

2001年1月上旬新年特別号

巻頭特集 2001年の映画、21世紀の人:「猿の惑星」ティム・バートン

2000年4月上旬春の特別号

INTERVIEW:ティム・バートン

1997年3月上旬号

巻頭特集 マーズ・アタック!:ティム・バートン監督 インタビュー

1996年12月下旬号

ジャイアント・ピーチ:ティム・バートン論

1994年10月下旬号

グラビア 《Talky Talk(News)》 :ティム・バートン来日

特集 ナイトメアー・ビフォア・クリスマス:ティム・バートン インタビュー

1992年8月上旬号

巻頭企画 バットマン リターンズ:ティム・バートン監督フィルモグラフィ

1991年7月上旬号

特集 シザーハンズ:ティム・バートン インタビュー

1988年11月下旬号

特集 ビートルジュース:監督プロフィール