男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

高台家(こうだいけ)の人々

  • こうだいけのひとびと
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    66.0点(512人)

  • 観たひと

    754

  • 観たいひと

    81

  • レビューの数

    65

基本情報

ジャンル ラブロマンス / コメディ
製作国 日本
製作年 2016
公開年月日 2016/6/4
上映時間 116分
製作会社 フジテレビジョン 東宝 集英社(制作プロダクション:共同テレビジョン)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督土方政人 
脚本金子ありさ 
原作森本梢子:(『高台家の人々』(集英社『月刊YOU』))
製作石原隆 
市川南 
渡辺直樹 
プロデューサー西原恵 
大澤恵 
山崎淳子 
制作担当大田康一 
撮影大石弘宜 
美術北川深幸 
装飾田中宏 
音楽菅野祐悟 
主題歌西野カナ:(『You&Me』(ソニー・ミュージックレーベルズ/SMEレコーズ))
録音神波哲史 
音響効果亀森素子 
照明杉本周士 
編集深沢佳文 
ラインプロデューサー坂本忠久 
監督補村谷嘉則 
スクリプター島田伸子 
VFXスーパーバイザーツジノミナミ 
VFXプロデューサー大屋哲男 
映像藤本伊知郎 

キャスト

出演綾瀬はるか 平野木絵
斎藤工 高台光正
水原希子 高台茂子
間宮祥太朗 高台和正
坂口健太郎 岸本浩平
大野拓朗 高台茂正
塚地武雅 脇田実課長
堀内敬子 安倍弓子
夏帆 斉藤純
シャーロット・ケイト・フォックス 高台アン
大地真央 高台由布子
市村正親 高台茂正Jr.

(C)2016 フジテレビジョン 東宝 集英社  (C)森本梢子/集英社

解説

森本梢子原作の同名コミックを、「海街diary」の綾瀬はるか、「虎影」の斎藤工主演で映画化。バカバカしい妄想が趣味の冴えないOL・木絵は、名家・高台家の長男・光正から食事に誘われる。彼には人の心が読めるテレパシー能力があった……。監督は、「映画 謎解きはディナーのあとで」の土方政人。出演は、「進撃の巨人」シリーズの水原希子、「ライチ・光クラブ」の間宮祥太朗、「R100」の大地真央、「テルマエ・ロマエ」シリーズの市村正親。

あらすじ

口下手でぼーっとした冴えないOL・平野木絵(綾瀬はるか)は、気づけば妄想して自分の世界に入り込んでいた。ある日、木絵の勤める会社に、高台光正(斎藤工)がニューヨーク支社から転勤してくる。元華族で不動産や保険会社などを持つ名家・高台家の長男にして、長身でイケメン、さらに祖母がイギリス人というルックスに、東大卒、オックスフォードに留学経験もあるという完璧なプロフィールを持つ光正が、何の接点もあるはずがない木絵をいきなり食事に誘う。木絵は、なぜ気に入られたのか分からないまま仲を深めていくが、光正の笑うタイミングを見て、自分のバカバカしい妄想を覗かれているような気がしてならない。実は、光正には人の心が読めるテレパシー能力があったのだ。そのことで人間関係に辟易としていた光正にとって、楽しくておもしろくてバカバカしい妄想をする木絵と過ごす時間は癒しとなり、やがて木絵の純粋な心の中に惹かれるようになる。二人は順調な関係を続けていくが、木絵の前に名家・高台家が立ちはだかる。光正の母・由布子(大地真央)は二人の関係を許さず、また、光正に想いを寄せる女性の存在も……。何より、“釣り合わない恋”に不安になる木絵。さらに家族に隔世的に引き継がれたテレパシー能力の存在を木絵に打ち明けられない光正。それぞれの抱える不安によって、二人の関係が変化していく……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年6月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「高台家の人々」

2016年6月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「高台家の人々」

FACE:斉藤工「高台家の人々」