男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

大地真央

  • Daichi Mao
  • 出演
本名 森田真裕美(旧姓・多田)
出身地 兵庫県洲本市
生年月日 1956/02/05
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

兵庫県洲本市の生まれ。本名・森田真裕美(旧姓・多田)。洲本市立洲浜中学校を卒業後の1971年、宝塚音楽学校に入学し、73年に59期生として宝塚歌劇団に入団する。星組公演『花かげろう』で初舞台を踏み、翌74年から月組に配属。目鼻立ちのくっきりした容貌と生来の華麗さで早くから将来を嘱望され、78年の『マリウス』で初主役をつとめたのち、82年の『愛限りなく/情熱のバルセロナ』で月組トップスターの座についた。男役スターでありながら娘役もこなす適応力があり、コミカルな演技もできる幅広さで宝塚を背負う逸材として大きな期待が集まったが、85年の『二都物語』を最後に、当時、娘役トップだった黒木瞳とともに退団。以後はミュージカルなどの舞台を中心に女優として活躍を続ける。『プリンセス・モリー』『野田秀樹の十二夜』『エニシング・ゴーズ』など多くの舞台に出演を重ね、『風と共に去りぬ』のスカーレット役、『マイ・フェア・レディ』のイライザ役が長年の当たり役となった。90年に『マイ・フェア・レディ』で菊田一夫演劇賞を受賞。98年の『ローマの休日』では文化庁芸術祭賞大賞、菊田一夫演劇大賞を受賞している。90年に俳優の松平健と結婚。その松平主演の蔵原惟繕監督「ストロベリー・ロード」91にゲスト出演してスクリーン初登場。92年には渡邊孝好監督のラブファンタジー「エンジェル・僕の歌は君の歌」で天使役を演じて、本格的な映画初出演を飾った。舞台での華々しい活躍に比べると、映像ジャンルでの仕事はそれほど多くはないが、テレビドラマにもNHK大河ドラマ『武田信玄』88、『功名が辻』06のほか、同局『武蔵坊弁慶』86、フジテレビ『女ねずみ小僧』89、TBS『竜馬がゆく』97などの時代劇や、TBS『愛の賛歌』83、『青山流行通り物語』87、『MR.BRAIN』09、NHK『愛の家・泣き虫サトと7人の子』03、フジテレビ『刑事・鳴沢了2/偽りの聖母』11などの現代劇に出演している。主演した『女ねずみ小僧』は単発スペシャル版も複数作られ、そのうち2作で三谷幸喜が脚本を手がけた。その縁で三谷脚本のフジテレビ『古畑任三郎』99に犯人役でゲスト出演もしている。映画はその後、樋口真嗣監督「日本沈没」06、石井康晴監督「映画クロサギ」がある程度。2011年には『マイ・フェア・レディ』600回以上の公演の偉業に対して、菊田一夫演劇賞特別賞が贈られた。私生活では04年に松平と離婚。07年にインテリアデザイナーの森田恭通と再婚している。

キネマ旬報の記事

2006年7月下旬特別号

巻頭特集 「日本沈没」:大地真央 インタビュー