男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

女が眠る時

  • おんながねむるとき
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    62.0点(295人)

  • 観たひと

    415

  • 観たいひと

    84

  • レビューの数

    51

基本情報

ジャンル 文芸 / ドラマ
製作国 日本
製作年 2016
公開年月日 2016/2/27
上映時間 102分
製作会社 「女が眠る時」製作委員会(製作幹事 電通=東映/制作会社 C.A.L)
配給 東映
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督ウェイン・ワン 
脚本マイケル・K・レイ 
シンホ・リー 
砂田麻美 
原作ハビエル・マリアス:(「女が眠る時」)
エグゼクティブプロデューサー白石統一郎 
ゼネラルプロデューサー中村理一郎 
プロデューサー木藤幸江 
撮影監督鍋島淳裕 
美術安宅紀史 
装飾山本直輝 
音楽ヤマモトユウキ 
録音柿澤潔 
音響効果柴崎憲治 
照明北岡孝文 
編集ディアドラ・スレヴァン 
難波智佳子 
衣装小林身和子 
ヘアメイク市川温子 
ラインプロデューサー宿崎恵造 
製作担当根津文紀 
助監督神保英昭 
スクリプター新玉和子 
視覚効果松本肇 
プロダクションスーパーバイザー福島聡司 

キャスト

(C)2016 映画「女が眠る時」製作委員会

解説

「スモーク」でベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いたウェイン・ワン監督が、スペイン人作家ハビエル・マリアスの短編小説を日本人キャストで映画化。妻とリゾートホテルを訪れた作家が、そこで出会った謎めいたカップルに魅入られて行く。出演は「劇場版MOZU」のビートたけし、西島秀俊、「海難1890」の忽那汐里、「鍵泥棒のメソッド」の小山田サユリ。

あらすじ

作家の清水健二(西島秀俊)は、1週間の休暇を取って妻の綾(小山田サユリ)と共に郊外のリゾートホテルを訪れる。初めて書いた小説がヒットしたものの、その後はスランプに陥り、就職が決まっていた健二は、妻との間に倦怠期を迎え、無気力な時間を過ごしていた。滞在初日、プールサイドで異様な存在感を放つ初老の男・佐原(ビートたけし)と若く美しい女・美樹(忽那汐里)のカップルに目を奪われる健二。その日以来、ホテル内で2人を見かけるたびに後を追い、部屋を覗き見るようになってゆく。そこには、美樹の体の産毛をカミソリで丁寧に剃り、毎晩彼女が眠る姿を撮影し続ける佐原の姿があった。自ら佐原に近づいて初めて言葉を交わした健二は、美樹が眠る動画を見せながら彼が放った“あの子の最後の日を記録しようと思って”という言葉に底知れない恐怖を覚える。危険を感じながらも、ますます好奇心を掻き立てられた健二の行動は次第に常軌を逸し、部屋の中に忍び込むというストーカー行為にまで及んでゆく。ある日、2人を追ううちに辿り着いた居酒屋で怪しげな店主(リリー・フランキー)から聞いた佐原と美樹の過去に驚愕する健二。その頃、佐原の美樹に対する執着は、健二の想像を遥かに越える狂気へと向かっていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年3月下旬映画業界決算特別号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「女が眠る時」

2016年3月上旬号

「女が眠る時」:ウェイン・ワン「監督」、西島秀俊、忽那汐里が語る知的なたくらみに満ちた「日本映画j」

UPCOMING 新作紹介:「女が眠る時」

2016年冬の増刊号

撮影現場より 2016年注目の日本映画:「女が眠る時」

2015年8月下旬号

NEWS 日本映画:CRANK IN, CRANK UP