男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

この国の空

  • このくにのそら
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    71.0点(337人)

  • 観たひと

    499

  • 観たいひと

    94

  • レビューの数

    78

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2015
公開年月日 2015/8/8
上映時間 130分
製作会社 「この国の空」製作委員会
配給 ファントム・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督荒井晴彦 
脚本荒井晴彦 
原作高井有一:(「この国の空」(新潮社刊))
ゼネラルプロデューサー奥山和由 
プロデューサー森重晃 
撮影川上皓市 
美術松宮敏之 
音楽下田逸郎 
柴田奈穂 
録音照井康政 
照明川井稔 
編集洲崎千恵子 
ライン・プロデューサー近藤貴彦 
助監督野本史生 
茨木のり子:(「わたしが一番きれいだったとき」)
制作担当森洋亮 

キャスト

(C)2015「この国の空」製作委員会

解説

「共食い」「ヴァイブレータ」など数々の名作の脚本を手がけてきた荒井晴彦が、「身も心も」以来となる監督を務め、芥川賞作家・高井有一が太平洋戦争末期の庶民の暮らしを繊細かつ大胆に描いた小説を映画化。日に日に戦況が悪化し不安な思いが去来する中、東京から妻子を疎開させた一人暮らしの隣人の世話をする少女が次第に女に目覚めていく様子を描く。婚期を迎えた少女を「私の男」の二階堂ふみが、赤紙を免れた隣人を「地獄でなぜ悪い」の長谷川博己が、少女の母親を「ヒマラヤ杉に降る雪」の工藤夕貴が演じる。終戦70周年記念作品。

あらすじ

1945年、戦争末期の東京・杉並区。度々空襲の脅威にさらされまともな食べ物も手に入らない中、19歳の里子(二階堂ふみ)は母(工藤夕貴)や叔母とともに健気に暮らしていた。隣りに住む市毛(長谷川博己)が弾くヴァイオリンの音色が聞こえてくるとき、里子は心なごませることができた。市毛は徴兵検査の結果丙種となり赤紙を免れ、妻子を疎開させ一人東京に残っていた。戦況は日を追うごとに悪化。終戦は間近だという噂もあるが、到底結婚など望めそうもなくこのまま戦争で死んでいくのかもしれないという不安を抱える里子。一人で暮らす市毛の身辺の世話をしていくうちに、いつしか里子の中の女が目覚めていく――。

関連するキネマ旬報の記事

2016年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2015年 第89回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:ベスト・テン カラーグラビア 日本映画ベスト・テン

2015年 第89回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:ベスト・テン カラーグラビア 読者選出日本映画ベスト・テン

増刊 戦後70年目の戦争映画特集

第1章 2015年夏 「この国の空」-ごく普通の恋さえも:作品評 ひとりひとりの戦争史、たとえば十代の性の目覚め

2015年9月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「この国の空」

2015年8月下旬号

FACE:長谷川博己「この国の空」

UPCOMING 新作紹介:「この国の空」

戦後世代の戦争映画「この国の空」「日本のいちばん長い日」:真夏の負け戦

2015年7月上旬号

●撮影現場ルポ:「この国の空」(後編)

2015年6月下旬号

レポート:撮影現場ルポ「この国の空」(前篇)

2015年3月下旬映画業界決算特別号

カラーグラビア 煌めきの女優たち:二階堂ふみ「この国の空」