男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ビッグ・アイズ

  • びっぐあいず
  • BIG EYES
  • BIG EYES
  • 平均評点

    72.8点(708人)

  • 観たひと

    1054

  • 観たいひと

    114

  • レビューの数

    110

基本情報

ジャンル ドラマ / アート
製作国 アメリカ
製作年 2014
公開年月日 2015/1/23
上映時間 106分
製作会社
配給
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)Big Eyes SPV,LLC

解説

「アリス・イン・ワンダーランド」「シザーハンズ」など独特の世界観を発揮するティム・バートン監督が、自らも収集する絵画『BIG EYES』シリーズをめぐりアート界を揺るがしたスキャンダルを映画化。大きな瞳でどこか悲しげな子供を描いた『BIG EYES』シリーズが1950~1960年代に一大ブームとなり作者ウォルター・キーンは注目されるが、実の作者はその妻マーガレットだった……。真相を公表しようとする妻を「アメリカン・ハッスル」「魔法にかけられて」のエイミー・アダムスが、美術界の寵児として脚光を浴びていた夫を「イングロリアス・バスターズ」と「ジャンゴ 繋がれざる者」でアカデミー賞助演男優賞を獲得したクリストフ・ヴァルツが演じる。

あらすじ

大きな瞳でどこか悲しげな子供を描いた絵画『BIG EYES』シリーズが1950~1960年代に一大ブームとなり、作者のウォルター・キーン(クリフトフ・ヴァルツ)は一躍脚光を浴びた。しかし真の作者は彼ではなく、彼の妻マーガレット(エイミー・アダムス)だった。彼女は内気な性格で、唯一自分の感情を表すことができるのは『BIG EYES』だけだった。そんな『BIG EYES』を欺瞞から守るために、マーガレットは真相を公表しようとする……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年3月上旬号

読む、映画:「ビッグ・アイズ」

2015年2月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ビッグ・アイズ」

「ビッグ・アイズ」:どうしようもなくティム・バートンの作品

読む、映画:「ビッグ・アイズ」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ビッグ・アイズ」