男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

くるみ割り人形(2014)

  • くるみわりにんぎょう
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    64.7点(15人)

  • 観たひと

    28

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル アニメーション / ファンタジー
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014/11/29
上映時間 80分
製作会社 サンリオ
配給 アスミック・エース
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム/ビデオ(3D)
音声
上映フォーマット D-Cinema(3D)

スタッフ

監督増田セバスチャン 
脚色船曳真珠 
吉田淑恵 
増田セバスチャン 
谷島正之 
原作E.T.A.ホフマン 
P.I.チャイコフスキー 
原案辻信太郎 
製作総指揮辻信太郎 
エグゼクティブプロデューサー福嶋一芳 
伊藤保人 
プロデューサー谷島正之 
音楽松本淳一 
音楽プロデューサー安井輝 
主題曲/主題歌きゃりーぱみゅぱみゅ:(「おやすみ-extended mix-」(ワーナーミュージック・ジャパン))
音響監督岩浪美和 
3D監督三田邦彦 
音楽ディレクター篠崎恵子 

キャスト

出演(声)有村架純 クララ
松坂桃李 フリッツ/フランツ
広末涼子 マウゼリンクス夫人
市村正親 ドロッセルマイヤー/不思議婆さん/人形遣い/時計商人
藤井隆 シュヌルル王子
大野拓朗 占い師
吉田鋼太郎 王様
安蘭けい 大臣
特別出演由紀さおり 婆や
友情出演板野友美 マリー姫

(C)1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN

場面

解説

ファッションブランド『6%DOKIDOKI』のディレクターを務め、歌手きゃりーぱみゅぱみゅのPV美術演出などに携わっている、日本のポップカルチャーの中心的な存在、増田セバスチャンが、1979年にサンリオが製作した人形アニメーションを再構築したファンタジー。ネズミに奪われたくるみ割り人形を追いかける少女の奮闘を描いたオリジナルのネガフィルムをデジタルスキャニングし、独特の美意識を織り込んだ映像処理を加え、新たな息吹を吹き込む。声の出演には「思い出のマーニー」の有村架純、「ツナグ」の松坂桃李、「歓喜の歌」の由紀さおり、「テルマエ・ロマエ」の市村正親らが参加。ハローキティ誕生40周年記念作品。2D/3D同時公開。

あらすじ

ある雪の降る夜、妙な物音で目覚めたクララ(声:有村架純)は、大切にしているくるみ割り人形がネズミの大群にさらわれようとしているのを目にする。追いかけるうちに迷い込んだ人形の国には、ふたつ頭の白ネズミの女王の呪いがかけられたお姫様の姿があった。呪いを解こうとする人形たちとネズミたちとの戦いの中でくるみ割り人形にまつわる悲しい秘密を知ったクララの心に、ある思いがわいてくる――。

関連するキネマ旬報の記事

2014年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「くるみ割り人形」

2014年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「くるみ割り人形」

前代未聞の立体映画「くるみ割り人形」:3D鼎談 谷島正之[プロデューサー]×三田邦彦[3D監督]×八木竜一(「STAND BY ME ドラえもん」監督)

前代未聞の立体映画「くるみ割り人形」:インタビュー 増田セバスチャン[監督・脚色]

前代未聞の立体映画「くるみ割り人形」:作品評

前代未聞の立体映画「くるみ割り人形」:コラム 本多猪四郎監督が予測した3D映画時代

キネ旬戯画 映画という名のアニメーション:第54回 富女子に負けず、乙女に負けず、最終回