男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

寄生獣

  • きせいじゅう
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    71.6点(890人)

  • 観たひと

    1389

  • 観たいひと

    78

  • レビューの数

    136

基本情報

ジャンル SF
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014/11/29
上映時間 109分
製作会社 映画「寄生獣」製作委員会(東宝=日本テレビ放送網=講談社=電通=ROBOT=日本出版販売=GyaO!=Yahoo! JAPAN=KDDI)
配給 東宝
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督山崎貴 
脚本古沢良太 
山崎貴 
原作岩明均:(「寄生獣」(講談社刊))
エグゼクティブプロデューサー奥田誠治 
阿部秀司 
山内章弘 
製作市川南 
中山良夫 
プロデューサー川村元気 
佐藤貴博 
守屋圭一郎 
撮影阿藤正一 
美術林田裕至 
佐久嶋依里 
装飾茂木豊 
音楽佐藤直紀 
録音白取貢 
照明高倉進 
編集穂垣順之助 
ライン・プロデューサー山下秀治 
助監督安達耕平 
SFX/VFX/特撮山崎貴 
プロダクション統括佐藤毅 
キャラクタービジュアルディレクター柘植伊佐夫 
VFXディレクター渋谷紀世子 
制作担当阿部豪 

キャスト

出演染谷将太 泉新一
深津絵里 田宮良子
橋本愛 村野里美
東出昌大 島田秀雄
岩井秀人 
山中崇 
オクイシュージ 
池内万作 
豊原功補 
新井浩文 浦上
ピエール瀧 三木
大森南朋 倉森
北村一輝 広川
余貴美子 泉信子
國村隼 平間
浅野忠信 後藤
出演(声)阿部サダヲ ミギー

(C)映画「寄生獣」製作委員会

解説

人間とは一体何か鋭く突き第27回星雲賞コミック部門を受賞した岩明均の世界的SF漫画を、「永遠の0」「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が映画化。人間に寄生し身体を乗っ取り捕食する謎の新生物パラサイトとの戦いを、VFXを駆使し描く。脚本には山崎監督に加え、テレビドラマ『リーガルハイ』の古沢良太が参加している。右手に寄生した謎の生物と奇妙な友情を持つ高校生を「ヒミズ」で第68回ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した染谷将太が演じるほか、「悪人」の深津絵里、「桐島、部活やめるってよ」の橋本愛、「私の男」の浅野忠信ら豪華俳優陣が集結。2015年には完結編が公開される。

あらすじ

謎の寄生生物パラサイトが現れた。パラサイトは人間の脳に寄生し肉体を操り、人間を捕食していく。高校生の泉新一(染谷将太)にもパラサイトが近づき脳に寄生しようとするが失敗。パラサイトはやむなく右腕に寄生する。この信じがたい事態を周囲に話すわけにもいかず、新一は右腕のパラサイトにミギーと名前を付け奇妙な共生生活をするうちに、友情のようなものを感じるようになっていく。パラサイトは次々に現れ、新一の幼馴染の同級生・里美(橋本愛)にも危険が迫る。人とパラサイトの殺し合いが進む中、高校教師として現れたパラサイトの田宮良子(深津絵里)らはそれぞれの考えを持ち始めていた。地球を破壊する人間を淘汰するために生まれてきたというパラサイトに、生き残りをかけ戦う人間たち。価値観が揺らぐ中、新一とミギーはパラサイトとの戦いに身を投じていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年1月下旬号

日本映画時評:第311回 大津幸四郎が三里塚でキャメラを向けたもの

2014年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「寄生獣」

2014年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「寄生獣」

【巻頭特集】“伝説”が映画になる「寄生獣」:対談 山崎貴[監督]×大森望[翻訳家]

【巻頭特集】“伝説”が映画になる「寄生獣」:インタビュー 染谷将太

【巻頭特集】“伝説”が映画になる「寄生獣」:インタビュー 深津絵里

【巻頭特集】“伝説”が映画になる「寄生獣」:プロダクション・ノート 山崎組が創出した世界観

【巻頭特集】“伝説”が映画になる「寄生獣」:作品評

2014年8月下旬号

撮影現場ルポ:「寄生獣」