男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

まほろ駅前狂騒曲

  • まほろえきまえきょうそうきょく
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    70.1点(346人)

  • 観たひと

    535

  • 観たいひと

    61

  • レビューの数

    65

基本情報

ジャンル ドラマ / コメディ
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014/10/18
上映時間 124分
製作会社 「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会(ポニーキャニオン=東京テアトル=パパドゥ音楽出版=文藝春秋=オフィス作=GyaO!=ぴあ=ヨアケ=フィルムメーカーズ=リトルモア)
配給 東京テアトル=リトルモア
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督大森立嗣 
脚本大森立嗣 
黒住光 
原作三浦しをん:(「まほろ駅前狂騒曲」(文芸春秋刊))
企画菊地美世志 
孫家邦 
プロデューサー土井智生 
吉村知己 
撮影大塚亮 
美術平井亘 
音楽岸田繁 
主題歌くるり:(『There is(always light)』(SPEEDSTAR RECORDS))
録音照井康政 
照明水野研一 
編集早野亮 
製作担当橋立聖史 

キャスト

出演瑛太 多田啓介
松田龍平 行天春彦
高良健吾 星良一
真木よう子 柏木亜沙子
本上まなみ 三峰凪子
奈良岡朋子 曾根田菊子
新井浩文 飯島幸三
三浦誠己 吉村刑事
古川雄輝 澤田刑事
横山幸汰 由良
岩崎未来 三峰はる
水澤紳吾 渡辺
大西信満 筒井
原田麻由 
宇野祥平 
市川実和子 西島さき
伊佐山ひろ子 
麿赤兒 
松尾スズキ シンちゃん
大森南朋 山田
岸部一徳 早坂刑事
永瀬正敏 小林
渡邉達也 金井

(C)2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会

解説

2011年の映画「まほろ駅前多田便利軒」、2013年のテレビドラマ『まほろ駅前番外地』に続き、厄介な依頼に携わる便利屋を営む多田と彼のもとに転がり込んできた同級生・行天のバツイチコンビや曲者揃いの客たちの人間模様を描いた三浦しをんの小説を映画化。本作では行天の娘の子守り代行や元新興宗教団体の調査といった依頼が舞い込む。監督は「さよなら渓谷」「まほろ駅前多田便利軒」の大森立嗣。多田便利軒の二人を「アヒルと鴨のコインロッカー」の瑛太と「舟を編む」の松田龍平が演じるほか、「横道世之介」の高良健吾、「恋の門」の松尾スズキらが引き続き出演。さらに鍵を握る男として「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の永瀬正敏が登場。

あらすじ

東京の郊外にある治安がいいとは言えないまほろ駅前で便利屋を営む多田啓介(瑛太)のもとに中学時代の同級生・行天春彦(松田龍平)が転がり込んでから3年目、多田便利軒には相変わらずあくが強い客や奇妙な依頼が舞い込んでいた。これまで会ったことのなかった行天の実子・はるの子守り代行や元新興宗教団体の隠密調査に骨を折るうちに、かつてない危機に見舞われる……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年4月上旬号

インタビュー:瑛太(「まほろ駅前狂騒曲」出演)

2014年11月下旬号

日本映画時評:第309回 映画に流れる時間と登場人物の生身

2014年11月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「まほろ駅前狂騒曲」

2014年10月下旬号

FACE:松田龍平「まほろ駅前狂騒曲」

UPCOMING 新作紹介:「まほろ駅前狂騒曲」

映画として描く「まほろ駅前狂騒曲」:インタビュー 大森立嗣[監督・脚本]

映画として描く「まほろ駅前狂騒曲」:大森立嗣と大根仁――ふたつの脚本に参加して

臨時増刊8月2日号 KINEJUN next vol.07

特集 ホットな映画をモット楽しむ! 劇場バカンス 本気で薦める夏映画セレクション:夏セレ2 レコメンド編「バトルフロント」「ふしぎな岬の物語」「2つ目の窓」「フランシス・ハ」「プロミスト・ランド」「ヘウォンの恋愛日記」「放課後ロスト」「僕はもうすぐ十一歳になる。」「ぼくを探しに」「毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編」「まほろ駅前狂騒曲」「めぐり逢わせのお弁当」「物語る私たち」「リヴァイアサン」「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」「わたしは生きていける」

2014年5月上旬号

NEWS 日本映画:CRANK IN, CRANK UP