男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

本上まなみ

  • Honjo Manami
  • 出演/出演(声)
本名
出身地 山形県鶴岡市生まれ、大阪府茨木市で育ち
生年月日 1975/05/01
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

山形県鶴岡市で生まれ、大阪府茨木市で育つ。府立高槻北高校在学中からモデルとして活動を始め、関西ローカルのCMなどに出演。高校卒業後は京都の池坊短期大学に進み、その傍ら、1993年のフジテレビのドラマ『じゃじゃ馬ならし』で女優デビューする。95年にユニチカの水着キャンペーンモデルに選ばれ、96年に出演した日本コカ・コーラの『爽健美茶』のCMなどで“癒し系タレント“として広範な人気を得る。NHK-BS『新宿鮫・毒猿』97、TBS『不機嫌な果実』97、フジテレビ『眠れる森』98などのテレビドラマを経て、98年の成田裕介監督「あぶない刑事フォーエバー THE MOVIE」で映画初出演。以後も日本テレビ『蘇える金狼』99、『天国への階段』02、フジテレビ『砂の上の恋人たち』99、テレビ朝日『アナザヘヴン eclipse』00、『嫉妬の香り』01、NHK『陰陽師』01などのドラマで、柔らかい物腰の一方で女の強さも感じさせる多彩な役柄をこなしていった。2002年、磯村一路監督「群青の夜の羽毛布」で、年下の大学生(玉木宏)と恋に落ちる内向的な女性・さとる役で映画初主演。06年の黒木和雄監督「紙屋悦子の青春」では、終戦間際の鹿児島を舞台に、主人公・悦子(原田知世)の兄嫁・ふさを人情味たっぷりに演じ、高崎映画祭の助演女優賞を受賞した。ほか、上野樹里の姉役を演じた安田真奈監督「幸福のスイッチ」06をはじめ、呉美保監督「酒井家のしあわせ」06、英勉監督「ハンサム★スーツ」08、光石富士朗監督「大阪ハムレット」09などに出演。加藤直輝監督「アブラクサスの祭」10では、主人公のうつ病の僧侶を見守る住職(小林薫)の妻を演じている。テレビドラマはほかに、テレビ朝日『恋は戦い!』03、NHK『人情とどけます・江戸娘飛脚』04、『ふたつのスピカ』09、日本テレビ『彼女が死んじゃった。』04、WOWOW『空飛ぶタイヤ』09など。フジテレビ『ザ・ベストハウス123』の司会やTBS『はなまるマーケット』など情報バラエティ番組でも活躍するほか、エッセイ『ほんじょの虫干。』など著書も多い。02年に18歳年上のマガジンハウスの名物編集者・沢田康彦と結婚、一女がある。

キネマ旬報の記事

2002年10月下旬号

HOT SHOTS:本上まなみ