男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン

  • えんたくこっこひとなつのいまじん
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    72.2点(177人)

  • 観たひと

    254

  • 観たいひと

    22

  • レビューの数

    35

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014/6/21
上映時間 113分
製作会社 『円卓』製作委員会(読売テレビ=毎日放送=朝日放送=テレビ大阪=関西テレビ=読売新聞社=電通=東宝=ポニーキャニオン=WOWOW=セカンドサイト=ザフール)(制作プロダクション:セカンドサイト=ザフール)
配給 東宝映像事業部
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督行定勲 
脚本伊藤ちひろ 
原作西加奈子:(「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」(文藝春秋刊))
エグゼクティブプロデューサー藤門浩之 
吉澤貴洋 
プロデュース三好順作 
木村尚美 
製作小石川伸哉 
本田正男 
山本晋也 
森岡宣喜 
永井靖 
窪田邦倫 
徳永眞一郎 
大田圭二 
水口昌彦 
和崎信哉 
プロデューサー古賀俊輔 
倉田泰輔 
撮影福本淳 
美術相馬直樹 
装飾田中宏 
小道具矢野浩加 
音楽めいなCo. 
録音伊藤裕規 
音響効果岡瀬晶彦 
照明市川徳充 
編集今井剛 
衣裳デザイン高橋さやか 
ヘアメイク倉田明美 
キャスティング杉野剛 
助監督足立博 
スクリプター/記録中西桃子 
SFX/VFXスーパーバイザー園川励志 
制作担当児嶋冬樹 

キャスト

出演芦田愛菜 渦原琴子
平幹二朗 石太
いしだあゆみ 紙子
八嶋智人 寛太
羽野晶紀 詩織
青山美郷 理子
青山美郷 眞子
青山美郷 朋美
伊藤秀優 ぽっさん
吉田晴登 ぽっさんのお兄さん
草野瑞季 香田めぐみ
野澤柊 ゴックん
内田彩花 幹成海
古谷聖太 朴圭史
中村ゆり 朴くんのお母さん
丸山隆平関ジャニ∞ジビキ
三浦誠己 石田先生
谷村美月 竹田富美枝
森山開次 鼠人間
浜村淳 野次馬
川藤幸三 みどりのおじさん
タージン リポーター
入江甚儀 森上

(C)2014『円卓』製作委員会

解説

西加奈子の小説を原作に、“普通”嫌いでちょっと風変わりな小学生のひと夏の経験と成長を描いたドラマ。主人公・こっこを演じるのは、「パシフィック・リム」でハリウッド進出を果たした芦田愛菜。「映画 怪物くん」の八嶋智人、「永遠の0」の平幹二朗などが脇を固める。監督は「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲。

あらすじ

小学3年生の渦原琴子“こっこ”(芦田愛菜)は、大阪の狭い団地に家族と8人暮らし。父親の寛太(八嶋智人)、母の詩織(羽野晶紀)、祖父の石太(平幹二朗)、祖母の紙子(いしだあゆみ)、そして三つ子の姉・理子、眞子、朋美(青山美郷:三役)と毎日、食事時に大きな円卓をみんなで囲んでいた。好奇心旺盛な彼女は、気になった言葉や初めて知ることなどを、“じゃぽにか(=ジャポニカ自由帳)”に書き留めて大事にしていたが、ある時、そのノートを紛失。実は姉の朋美が祖母への誕生日プレゼントとして、“じゃぽにか”の表紙にあるグロテスクな蟻を刺繍するために、こっそり拝借していたのだった。こっこの一番の仲良しは、隣に暮らす吃音のクラスメイト、ぽっさん(伊藤秀優)。“普通”が嫌いで、他人と違うことが“かっこええ!”と考えるこっこは、ぽっさんだけでなく、様々なクラスメイトを憧れの眼差しで見つめる。ものもらいで眼帯を着用した香田めぐみ(草野瑞季)から親がベトナムの“ボートピープル”だったゴックん(野澤柊)、突然の不整脈で倒れた在日韓国人の朴くん(古谷聖太)まで……。そんなこっこを、担任教師のジビキ(丸山隆平)は優しく見守っていた。ある日こっこは、母が新しい子どもを身籠ったことを知るが、喜びに沸く家族の中、1人だけ全く喜べない。悩むこっこにぽっさんは告げる。“う、嬉しなかったら、よ、喜ばんでも、ええ。”そんな2 人に、祖父・石太は英語の“イマジン(=IMAGINE)”という言葉を教える。想像すること、相手がどう思うか、友達がどう思うか……。それが“いまじん”。2人はこの言葉を深く胸に刻む。そして、待ちに待った夏休み。こっこはぽっさんと一緒に、学校のウサギの散歩をしたり、夏休みの自由研究で蚊に血を吸わせたりと忙しい日々。だが、お墓参りに行くことになったぽっさんと別れたこっこに、この夏最大のピンチが訪れる……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年7月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」

2014年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」

「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」:インタビュー 行定勲(監督)