男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

いしだあゆみ

  • Ishida Ayumi
  • 出演
本名 萩原良子(旧姓・石田)
出身地 長崎県佐世保市生まれ
生年月日 1948/03/26
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

長崎県佐世保市の生まれ。本名・石田良子。小学校6年の1959 年、全関西フィギュア・スケート選手権大会ジュニアの部で優勝。61 年、東宝取締役の松岡辰郎の紹介で、大阪の梅田コマ劇場で歌手として初舞台。62 年に上京後、作曲家・いずみたくに師事し、『サチオ君』63 で本格的にデビュー。64 年、TBS『七人の孫』で森繁久彌扮する明治生まれの祖父の孫を好演し、65 年には第2弾が放映された。映画も、64 年の佐伯幸三監督「喜劇・駅前音頭」で初出演。65 年、いずみたく音楽による「われら劣等生」では田村正和の相手役を、いずみたく原案・音楽の「若い野ばら」では佐野周二の末娘の役をつとめた。66 年に上野学園高校を卒業し、数本の映画出演を経て、69 年、橋本淳作詞・筒美京平作曲による『ブルーライトヨコハマ』が150 万枚の大ヒットを記録。同年12 月のNHK『紅白歌合戦』にも初出場し、以降、77 年まで9年連続出場。『あなたならどうする』70、『砂漠のような東京で』71 などのヒットを飛ばすかたわら、「クレージーの大爆発」「コント55 号・人類の大逆転」69 などの映画に出演する。73 年の森谷司郎監督「日本沈没」では深海潜水艇の操縦士の恋人を、77 年の浦山桐郎監督「青春の門・自立篇」では複雑な過去をもつ理知的な娼婦を、79 年の五社英雄監督「闇の狩人」では行方不明だった夫の登場に動揺する主人公の囲い女を演じ、深い印象を残した。同年、日本テレビ『祭ばやしが聞こえる』、テレビ朝日『だいこんの花』などのドラマにも出演し、女優としても頭角を現していく。そして、81 年の降旗康男監督「駅/ STATION」では、作品の冒頭、去りゆく列車のデッキで泣き笑いの表情を浮かべながら離縁された夫に敬礼するシーンが、妻の精一杯の強がりと脆さとが凝縮された名場面となった。山田洋次監督「男はつらいよ・寅次郎あじさいの恋」82 ではマドンナをつとめ、寅さんを相手に互いを愛するがゆえに身を引いてしまう切ないメロドラマを情感たっぷりに演じた。工藤栄一監督「野獣刑事」82 では、同棲中の破天荒な刑事と出所したかつての恋人との間を行き交う微妙な女心を繊細に演じる。野村芳太郎監督「迷走地図」83、俳優・穂積隆信によるベストセラーの映画化「積木くずし」83 などに助演後、85 年の降旗監督「夜叉」では、やくざだった過去を捨てきれない漁師の夫の心変わりを食い止めようとする妻の悲しみを切々と体現した。檀一雄の自伝的小説を映画化した深作欣二監督「火宅の人」86 では、家庭を顧みない夫に絶望し、日本脳炎の子供らを抱えて怪しげな新興宗教にすがるも、やがては夫を迎え入れる妻の心情の機微を細やかに演じた。「時計/Adieu l'Hiver」86 では、フィギュア・スケートの選手だった自身の経験を生かし、スケート選手を目指す娘に人生を懸ける母親を熱演。この2作で、キネマ旬報賞助演女優賞のほか、ブルーリボン賞と毎日映画コンクールの主演女優賞を受賞し、女優として脂ののった最盛期を迎える。その間テレビでも、78 年のNHK『事件』では、殺人事件の被害者として登場するも、真相が明らかになるにつれ人物像が変化する女性を力演。79 年のNHK『阿修羅のごとく』と80 年の続篇では、情念を秘める四姉妹の三女を怪演。81 年には倉本聰脚本のフジ『北の国から』に出演。東京から富良野に移住した一家と周囲の人々が織り成す人間ドラマで、連続ドラマ終了後もスペシャルとして『北の国から・83 冬』から『北の国から2002・遺言』まで8篇制作。いしだは、夫との離婚後、ふたりの子を思う母心を胸に東京で死ぬ妻をしみじみ演じた。TBS『金曜日の妻たちへ』83 では、さまざまな愛に生きる三組の夫婦のひとりとして出演。ドラマは“ 金妻” の愛称で社会現象となり、85 年の『金曜日の妻たちへIII・恋におちて』では、いしだも再出演。NHK 朝の連続テレビ小説『青春家族』89 では、清水美沙と母娘役でヒロインをつとめた。90 年代に入り、テレビではNHK『君の名は』91、『定年ゴジラ』00、いしだの実家がモデルの『てるてる家族』03、TBS『ホームドラマ!』04、『スマイル』09 などに出演。とりわけ、知的障害のある息子をもつ母親の苦悩をリアルに演じたフジテレビ『アルジャーノンに花束を』02、田辺聖子がモデルの作家を支える秘書を好演したNHK 朝の連続テレビ小説『芋たこなんきん』06 などが印象に残る。映画も、秋元康監督「マンハッタン・キス」92 に主演後は助演が続く。96 年、14 年ぶりに山田洋次と組んだ「学校II」では、生徒と親身に接する高等養護学校の教諭を人間味豊かに演じ、京極夏彦の人気スリラーを映画化した実相寺昭雄監督「姑獲鳥の夏」05 では、いしだ渾身の絶叫が恐怖を煽った。近作は、世話焼きな大阪のおばちゃんを好演した古厩智之監督「ホームレス中学生」08、認知症を前向きに演じた水田伸生監督「なくもんか」09 など。女優としてのエゴを捨てて役を生きる献身ぶりが、いしだの真骨頂。近作は「これでいいのだ!!・映画★赤塚不二雄」11 がある。

キネマ旬報の記事

1996年10月下旬号

特集 学校2:いしだあゆみ インタビュー

1987年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:助演女優賞 いしだあゆみ

1981年5月上旬号

ニッポン個性派時代:第87回 いしだあゆみ