男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

喰女 クイメ

  • くいめ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    58.0点(166人)

  • 観たひと

    244

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    36

基本情報

ジャンル ホラー
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014/8/23
上映時間 94分
製作会社 「喰女-クイメ-」製作委員会(幸助=セディックインターナショナル=電通=東映=木下グループ=CELLULOID DREAMS=OMS=上海鵬錦影視文化)
配給 東映
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督三池崇史 
脚本山岸きくみ 
原作山岸きくみ 
企画市川海老蔵 
中沢敏明 
製作遠谷信幸 
遠藤茂行 
木下直哉 
Hengameh Panahi 
奥野敏聡 
任一万 
共同製作千野毅彦 
谷澤伸幸 
プロデューサー坂美佐子 
前田茂司 
谷澤伸幸 
撮影北信康 
美術林田裕至 
佐久嶋依里 
装飾坂本朗 
音楽遠藤浩二 
録音中村淳 
音響効果柴崎憲治 
照明渡部嘉 
編集山下健治 
衣裳・ヘアメイクデザイン柘植伊佐夫 
スタイリスト前田勇弥 
キャスティング北田由利子 
ラインプロデューサー今井朝幸 
制作担当堀岡健太 
助監督渡辺武 
CGIディレクター太田垣香織 

キャスト

出演市川海老蔵 伊右衛門/長谷川浩介
柴咲コウ 民谷岩/後藤美雪
中西美帆 伊藤梅/朝比奈莉緒
マイコ 倉田加代子
根岸季衣 乳母 槙/堀内みすづ
勝野洋 民谷又左ェ門/尾形道三郎
古谷一行 伊藤喜兵衛/嶋田寛二
伊藤英明 宅悦/鈴木順

解説

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

あらすじ

舞台「真四谷怪談」で、お岩役を演じるスター女優・後藤美雪(柴咲コウ)。美雪の強い推挙により、恋人である俳優・長谷川浩介(市川海老蔵)が伊右衛門役に大抜擢される。さらに、鈴木順(伊藤英明)と、朝比奈莉緒(中西美帆)がキャストとして決定する。伊右衛門のエゴや非道さに傷つくお岩の怨みと恐ろしさを舞台上にうつし出す四谷怪談の世界と、それを演じる男女の愛と欲が渦巻く現実世界。舞台に集った俳優陣が、稽古と日常のはざまで、それぞれの想いが募っていく。二つの世界で裏切りを知った“叶わぬ想い”は現実と舞台をオーバーラップし、やがて一つの怨念となり、膨れ上げる。彼らを待ち受けるのは愛の成就か、それとも残酷な闇か。

関連するキネマ旬報の記事

2014年10月下旬号

日本映画時評:第308回 映画の時空と技法との関係の微妙さについて

2014年9月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「喰女―クイメ―」

2014年9月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「喰女-クイメ-」

『四谷怪談』をめぐる四つの考察「喰女―クイメ―」:山岸きくみ 時代を超え現代に息づくカタルシス

『四谷怪談』をめぐる四つの考察「喰女―クイメ―」:「喰女―クイメ―」はそもそもが怖いのである

『四谷怪談』をめぐる四つの考察「喰女―クイメ―」:鶴屋南北と夏の怪談

『四谷怪談』をめぐる四つの考察「喰女―クイメ―」:一龍斎貞水 『四谷怪談』は絵空事じゃない

『四谷怪談』をめぐる四つの考察「喰女―クイメ―」:実話怪談のお岩さん

臨時増刊8月2日号 KINEJUN next vol.07

特集 ホットな映画をモット楽しむ! 劇場バカンス 本気で薦める夏映画セレクション:夏セレ1 インタビュー編 柴咲コウ「喰女-クイメ-」

2013年7月上旬号

日本映画 NEWS SCOPE:CRANK IN, CRANK UP