男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

渇き。(2014)

  • かわき
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    64.7点(1145人)

  • 観たひと

    1795

  • 観たいひと

    170

  • レビューの数

    173

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014/6/27
上映時間 118分
製作会社 ギャガ=リクリ(製作プロダクション リクリ)
配給 ギャガ
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督中島哲也 
脚本中島哲也 
門間宣裕 
唯野未歩子 
原作深町秋生 
製作依田巽 
プロデューサー小竹里美 
鈴木ゆたか 
協力プロデューサー伊集院文嗣 
撮影阿藤正一 
美術磯見俊裕 
セットデザイナー仲前智治 
装飾林千奈 
音楽GRAND FUNK INC. 
音楽プロデューサー金橋豊彦 
録音矢野正人 
照明高倉進 
編集小池義幸 
スタイリスト申谷弘美 
ヘアメイク山﨑聡 
キャスティング黒沢潤二郎 
細川久美子 
アソシエイト・プロデューサー村野英司 
ライン・プロデューサー加藤賢治 
助監督甲斐聖太郎 
記録長坂由起子 
VFXスーパーバイザー柳川瀬雅英 
増尾隆幸 
VFXプロデューサー土屋真治 
CGディレクター増尾隆幸 
効果伊藤瑞樹 

キャスト

(C)2014『渇き。』製作委員会

解説

読者を圧倒するような筆致で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の小説『果てしなき渇き』(宝島社・刊)を、「告白」が第83回アカデミー賞外国語映画賞日本映画代表作品に選出された中島哲也監督が映画化。行方不明になった娘を探すうちに、娘の知らなかった一面が徐々に明らかになり、狂気じみた行動に出る元刑事の父親を描く。家族崩壊を招いたろくでなしの父親を演じるのは「わが母の記」「Shall we ダンス?」の役所広司。中島監督とは「パコと魔法の絵本」以来のタッグとなる。また、周囲を翻弄する美貌の娘に「ただいま。」の小松菜奈が扮する。ほか、「悪人」の妻夫木聡、「嫌われ松子の一生」の中谷美紀らが出演。

あらすじ

元刑事の藤島昭和(役所広司)のもとに、ある日別れた妻から、娘の加奈子(小松菜奈)の行方がわからなくなったと連絡が入る。家族を失った原因について顧みずに、理想の家族像を手に入れようと思い描き、なりふり構わず娘の行方を追う藤島。娘の交友関係を洗ううちに、成績優秀で学校の人気者だったはずの加奈子のとんでもない側面が露わになっていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年8月下旬号

宇田川幸洋の映評ジョッキー 映画とコトバの間にはふかくて暗い河がある?:第50回 「私の男」「渇き。」

2014年7月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「渇き。」

2014年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「渇き。」

【巻頭特集】「ヘビィ」な映画「渇き。」「私の男」:なぜ小説家は物語るのか インタビュー 深町秋生(「渇き。」原作者)

【巻頭特集】「ヘビィ」な映画「渇き。」「私の男」:なぜ小説家は物語るのか インタビュー 桜庭一樹(「私の男」原作者)

【巻頭特集】「ヘビィ」な映画「渇き。」「私の男」:映画監督のタブーに触れる「意思」 インタビュー 熊切和嘉(「私の男」監督)

【巻頭特集】「ヘビィ」な映画「渇き。」「私の男」:精神科医が考える「おぞましい欲望」

【巻頭特集】「ヘビィ」な映画「渇き。」「私の男」:娘との性交の代償は、殺人

2013年9月下旬号

日本映画 NEWS SCOPE:CRANK IN, CRANK UP