男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

魔女の宅急便(2014)

  • まじょのたっきゅうびん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    60.3点(256人)

  • 観たひと

    376

  • 観たいひと

    27

  • レビューの数

    38

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014/3/1
上映時間 108分
製作会社 「魔女の宅急便」製作委員会(ステューディオスリー=東映=北京泰楽国際文化発展=KADOKAWA=D.N.ドリームパートナーズ=オリコム=日本テレビ放送網=木下グループ=EDKO FILMS LID=ビーイング=こだま印刷=読売新聞社=MY Promotion=読売テレビ放送)(制作プロダクション ステューディオスリー)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督清水崇 
アクションディレクター匠馬敏郎 
脚本奥寺佐渡子 
清水崇 
原作角野栄子:(「魔女の宅急便」(角川文庫刊・福音館書店刊))
エグゼクティブプロデューサー森重晃 
修健 
企画小川富子 
企画プロデューサー松栄清 
プロデューサー梅川治男 
撮影谷川創平 
美術岩城南海子 
装飾小山大次郎 
音楽岩代太郎 
主題歌倉木麻衣:(「Wake me up」(NORTHERN MUSIC / BEING))
録音深田晃 
音響効果柴崎憲治 
照明金子康博 
編集高橋歩 
衣裳デザイン・制作宮本宣子 
山下和美 
キャスティング新江佳子 
東平七奈 
ライン・プロデューサー梶川信幸 
制作担当鍋島章浩 
竹岡実 
助監督毛利安孝 
VFXスパーバイザー秋山貴彦 

キャスト

出演小芝風花 キキ
尾野真千子 おソノ
広田亮平 とんぼ
浅野忠信 イシ先生
山本浩司 フクオ
新井浩文 ナヅル
吉田羊 すみれ
筒井道隆 オキノ
宮沢りえ コキリ
YURI タカミ・カラ
出演(声)寿美菜子 ジジ
LiLiCo ラジオDJ

(C)2014「魔女の宅急便」製作委員会

解説

1985年に第一作目が刊行されて以来愛され続け、1989年には宮崎駿監督によりアニメ映画化、1990年代には蜷川幸雄演出でミュージカル化もされた角野栄子の同名児童文学を実写映画化。一人前の魔女となるために親元を離れた少女が、見知らぬ町でいろんな人と出会いながら成長していく。監督は「呪怨」の清水崇。脚本は清水監督と「おおかみこどもの雨と雪」の奥寺佐渡子が手がけている。魔女修行のために旅に出る少女をテレビドラマ『息もできない夏』の小芝風花が、少女が居候するパン屋のおかみを「そして父になる」の尾野真千子が、少女の両親を「たそがれ清兵衛」の宮沢りえと「遺体 明日への十日間」の筒井道隆が演じている。

あらすじ

魔女の間では、13歳になったとき、一人前の魔女となるために見知らぬ町で1年間暮らすという決まりがあった。魔女の母親(宮沢りえ)と普通の人間の父親(筒井道隆)との間に生まれたキキ(小芝風花)はこの決まりに従い、黒猫のジジを連れて親元を離れる。キキは辿り着いた海辺の町コリコでパン屋のおかみをしているおソノさん(尾野真千子)に気に入られ、居候させてもらうことになった。飛ぶことしかできないキキはその技を活かしお届けもの屋『魔女の宅急便』を始め、空を飛ぶことを夢見る少年・とんぼ(広田亮平)らコリコに住む人々の間で暮らし始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年9月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「魔女の宅急便」

2014年4月下旬号

日本映画時評:第302回 映画に肉体が出てくることと映画の肉体と

2014年3月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「魔女の宅急便」

2014年3月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「魔女の宅急便」

2013年7月下旬号

日本映画 NEWS SCOPE:CRANK IN, CRANK UP