男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

グッモーエビアン!

  • ぐっもーえびあん
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    67.5点(399人)

  • 観たひと

    614

  • 観たいひと

    59

  • レビューの数

    71

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012/12/15
上映時間 106分
製作会社 「グッモーエビアン!」製作委員会(日本出版販売=アミューズソフトエンタテインメント=ショウゲート=アスミック・エース エンタテインメント=TBSサービス=Takujiクリエイト=ダブ=クレイ=北海道テレビ=クリエイティブオフィスキュー=ローソン)(企画・制作プロダクション ダブ/企画協力 新潮社)
配給 ショウゲート
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット HD

スタッフ

監督山本透 
脚本山本透 
鈴木謙一 
原作吉川トリコ:(「グッモーエビアン!」新潮文庫刊)
撮影小松高志 
美術龍田哲児 
音楽葉山たけし 
主題曲/主題歌ONE OK ROCK 
録音石貝洋 
照明蒔苗友一郎 
衣裳デザイン西留由起子 
ヘアメイク藪西智美 

キャスト

出演麻生久美子 アキ
大泉洋 ヤグ
三吉彩花 ハツキ
能年玲奈 トモちゃん
竹村哲SNAIL RAMP茂樹
MAHSHAKALABBITSヒロシ
塚地武雅ドランクドラゴンカニ
小池栄子 小川先生
友情出演土屋アンナ フリーマーケットの店番

(C) 2012「グッモーエビアン!」製作委員会

解説

吉川トリコの同名小説を原作に「キズモモ。」の山本透が映画化。パンクバンドのギタリストだったシングルマザーとその娘、海外の旅から戻ってきた男が織り成す風変わりな家族を描く。出演は「モテキ」の麻生久美子、「探偵はBARにいる」の大泉洋、「告白」の三吉彩花、能年玲奈、「ペンギン夫婦の作りかた」の小池栄子。

あらすじ

中学3年生のハツキ(三吉彩花)は、名古屋市内のアパートで母のアキ(麻生久美子)と二人暮らし。以前パンクバンドでギタリストをしていたアキとハツキは友達同士のように仲がいい。桜が満開の頃、1年半前から「世界ツアーにでる」と言って音信不通になっていたヤグ(大泉洋)から葉書が届く。そこにはカンガルーの写真と共に「グッモーエビアン!」と書かれていた。半年後。ハツキが商店街を歩いていると、世界放浪を終えて突然帰国した薄汚い格好のヤグに出会う。その日からアキとハツキ、そしてヤグの騒がしい3人暮らしが復活した。15年前、ヤグは自分が父親ではないにもかかわらず、ハツキを身ごもっていたアキにプロポーズ。当時アキは17歳、ヤグは中学3年生。やがてハツキが無事に産まれ、3人は一緒に暮らし始める。アキとヤグはバンド活動も続け、籍は入れなくとも3人は家族同然だった。だが2年ぶりの3人暮らしにハツキは戸惑いを隠せない。仕事もせずにその日暮らしをするヤグと、それに対して文句も言わないアキにも理解できなかった。そんな中、ハツキの親友、トモちゃん(能年玲奈)に「あんな人がお父さんだったら毎日楽しそう」と言われ、思わずハツキはキレてしまう。だが翌日、トモちゃんは学校に来なかった。両親が離婚して、母親の実家がある鹿児島へ引っ越してしまったのだ。ハツキが呆然としながら授業を受けていると、突然ヤグが教室に侵入。先生に取り押さえられながら「ハッちゃん、『さよなら』と『ありがとう』は、言える時に言わなダメ!」と叫ぶヤグの声にハツキは教室から駆け出してトモちゃんの見送りに向かう。ヤグのママチャリの荷台に乗って空港を目指すが、トラックと接触事故を起こし、結局トモちゃんの見送りはできなかった。幸い軽い怪我で済んだヤグは、病室に迎えに来たアキに「またバンドがやりたい」と切り出す。ある晩、アキが帰宅すると、待ち受けていたハツキの担任教師、小川(小池栄子)から、ハツキが就職を希望していることを初めて聞かされる。就職をして一人暮らしをするというハツキはどうやら、自分がアキとヤグの暮らしに邪魔な存在だと思っているらしい。家を飛び出し、土手に座っているハツキを見つけたアキは、本当の父親のこと、ヤグが中学卒業後すぐに両親を事故で亡くしていること、ハツキの名付け親がヤグであることを打ち明ける。春。中学を卒業し、パンクテイストのファッションに身を包むハツキとトモちゃんが薄暗いライヴハウスにいた。ステージではヤグが歌い、アキがギターを弾きながらコーラスをしている。MCでヤグは「アキちゃんと結婚します」と宣言、温かい拍手と愛情溢れる野次を贈る観客の中に、少し大人になった笑顔のハツキがいた……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年1月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「グッモーエビアン!」

2012年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「グッモーエビアン!」