男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ネバーセイ・ネバーアゲイン

  • ねばーせいねばーあげいん
  • Never Say Never Again
  • Never Say Never Again

amazon


  • 平均評点

    64.1点(218人)

  • 観たひと

    362

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    38

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1983/12/10
上映時間 130分
製作会社 タリアフィルム・プロ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

スペクターによって奪われた核ミサイルを、英国情報部員ジェームズ・ボンドが取りもどすまでを描くアクション映画。イアン・フレミング著「サンダーボール」(早川ポケットミ・ステリ)の映画化権を持つケヴィン・マクローリーが、その権利をジャック・シュワーツマンに売り、シュワーツマンが製作に当った。マクローリーはエグゼクティヴ・プロデューサーとクレジットされているが、名前だけで製作にはタッチしていない。監督は「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(80)のアーヴィン・カーシュナー。脚本はロレンゾ・センプル・ジュニア、撮影はダグラス・スローカム、音楽はミシェル・ルグランが担当した。主題歌をラニ・ホールが歌っている。第2班監督はミッキー・ムーア、水中場面監督はリコウ・ブラウニングがつとめている。出演は「007/ダイヤモンドは永遠に」(71)以来12年振りにボンド役を演じるショーン・コネリーの他に、クラウス・マリア・ブランダウアー、バーバラ・カレラ、マックス・フィン・シドー、キム・べイシンガー、バーニー・ケーシーなど。パナビジョンで撮影。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、シネスコサイズ。1983年作品。

あらすじ

ジャングルにある要塞に侵入するジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)。彼は敏捷な行動で敵を倒し、捕らわれの身となっている若い女性のところへ行く。彼女をたすけ起こそうとした時、彼女は隠し持っていたナイフで彼を刺す。以上は訓練の一つで、それを記録したビデオ・テープを見ながら、新しいMは言う。「私は前任者ほど君を買っていない。スパイ学校で講師をしている間に君の身体はなまったらしいな。シュラブランド療養所に行き、鍛え直したまえ」。一方、対謀報・テロ・復讐・強要機関スペクターは部下を集め、首領のブロフェルド(マックス・フィン・シドー)が、新たなる謀略行動アラーの涙作戦2を発表する。実行にあたる部下 No.1のラルゴ(クラウス・マリア・ブラウンダウアー)が、TVスクリーンを通じ、「我々は在英米軍のジャック・ペタチ大尉を手なづけた。彼の右目の眼球反応は大統領と一致するように手術して、最終訓練をシュラブランドで行なうことにしている」と説明する。シュラブランドにやって来たボンドは厳しいトレーニングを受けつつ、持ち前の性的魅力を発揮して美人の療法士とベッドイン。ある夜彼は1人の患者のあやしげな行動を見て、部屋を覗き込む。その患者こそペタチで、看護しているのはスペクターの女殺し屋ファティマ(バーバラ・カレラ)だった。見られたことを知ったファティマは、巨漢の殺し屋をさしむけた。激しい乱闘の末にボンドは敵をやっつける。ペタチは基地にもどると、大統領でなければ出せない核ミサイル発射命令を眼球反応が同じことを利用してコンピューターに命じた。ミサイルは基地を発射し、途中で海中に降下し、スペクターのフロッグマンが回収した。そして、スペクターはNAT0諸国に、年間石油購入予算の25%相当の金を渡せ、さもなければ、7日後にミサイル2機を爆破すると脅迫。ペタチはファティマの手で始末された。Mはボンドにミサイル回収を命じる。ボンドはペタチの部屋で見たヤマ型マークを手掛りに、そのマークが東欧出身の大富豪ラルゴのトレード・マークであることをつきとめた。新兵器開発担当のアルジーの作った特製万年筆銃を持って、ボンドはバハマに飛ぶ。ここにラルゴの豪華ヨット空飛ぶ円盤号が停泊しているのだ。ラルゴは愛人のドミノ・ペタチ(キム・ベイシンガー)にアラーの涙というペンダントを与え、「裏切ったら喉を裂く」という。ボンドの姿を見たファティマは彼を誘って海へ出る。2人はヨットのなかでメイク・ラヴ。やがて海へ潜り、ファティマはボンドのウェット.スーツに鮫を呼びよせる発信器をくっつける。鮫に襲われたボンドは危ういところで難をさけ、セックスポットのボートに救出された。ホテルで生きているボンドを見たファティマは、彼の部屋に爆弾を仕掛けたが、彼はセックスポットの部屋で抱き合っていたので無事。ニースに向かったラルゴを追ってボンドも南仏へ。そこで友人のCIA局員フェリックス・レイターと英情報部員ニコールに出会う。豪華なカジノで、ボンドとラルゴは初めて対面した・ドミノとタンゴを踊り、彼女に「君の兄はラルゴに殺された」と告げるボンド。ファティマによってニコールが殺された。彼女を特製オートバイでボンドが追いかけ、激しいカー・チェースの末に万年筆銃で倒した。空飛ぶ円盤号に忍び込んだボンドをラルゴが歓待する。コンピューター室で見たアラーの涙という文句がボンドの脳裏に焼きつく。ヨットはアフリカのパルマイラにあるラルゴの別宅につく。ここは中世以来の砦になっていた。ラルゴは2人を鎖でしばり、ミサイルの1つはワシントンにあるといって去る。ボンドは特製レーザー時計で鎖を切り、ドミノを救出すると馬に乗ったまま砦の城壁から海中へ。ただちにレイターが2人を救出。ワシントンのミサイルは発見された。残る1つはどこに? パルマイラ湾が、ドミノのペンダントの模様に似ている。よくみると、その模様は地図になっており、海底の洞窟には古代の神殿があった。ここには油田が埋蔵している。もし爆破されれば、被害は甚大だ。ボンドはレイターやCIA局員らと中に潜入して、スペクター一味と闘う。逃げ出したラルゴとボンドは海中で争い、ボンド危うしという時、ドミノの放った水中銛がラルゴに命中。ミサイルの爆破装置も解除されて、世界に平和がもどった。

関連するキネマ旬報の記事

1984年1月下旬号

外国映画批評:ネバーセイ・ネバーアゲイン

1983年12月下旬号

外国映画紹介:ネバーセイ・ネバーアゲイン

1983年12月上旬号

グラビア:ネバーセイ・ネバーアゲイン

特集 ネバーセイ・ネバーアゲイン アービン・カーシュナー監督作品:007人の証言

特集 ネバーセイ・ネバーアゲイン アービン・カーシュナー監督作品:ショーン・コネリー氏への手紙

特集 ネバーセイ・ネバーアゲイン アービン・カーシュナー監督作品:メイキング・オブ・NSNA

特集 ネバーセイ・ネバーアゲイン アービン・カーシュナー監督作品:ロング・ストーリー

1983年11月下旬号

〈グラビア〉スペシャル・セレクション:1 ネバーセイ・ネバーアゲイン

試写室:ネバーセイ・ネバーアゲイン

1983年4月下旬号

〈特別グラビア〉 :「007/ネバーセイ・ネバーアゲイン」ルポ