男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

鍵泥棒のメソッド

  • かぎどろぼうのめそっど
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    77.8点(1199人)

  • 観たひと

    1935

  • 観たいひと

    166

  • レビューの数

    194

基本情報

ジャンル コメディ / サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012/9/15
上映時間 128分
製作会社 「鍵泥棒のメソッド」製作委員会(クロックワークス=テレビ朝日=朝日放送=電通=パルコ=メディアファクトリー=Yahoo! JAPAN=シネバザール=キングレコード=メ~テレ=北海道テレビ)(製作プロダクション シネバザール)
配給 クロックワークス
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督内田けんじ 
脚本内田けんじ 
エグゼクティブプロデューサー藤本款 
和田倉和利 
プロデューサー深瀬和美 
赤城聡 
大西洋志 
撮影佐光朗 
美術金勝浩一 
音楽田中ユウスケ 
録音藤本賢一 
照明加瀬弘行 
編集普嶋信一 
キャスティングディレクター杉野剛 
製作担当星野友紀 
助監督村上秀晃 

キャスト

出演堺雅人 桜井武史
香川照之 コンドウ/山崎信一郎
広末涼子 水嶋香苗
荒川良々 工藤純一
森口瑤子 井上綾子
内田慈 理香
大谷亮介 大家さん
三上市朗 大谷編集長
林和義 
ウダタカキ 
池田成志 
久野雅弘 
本宮泰風 
三村恭代 
柊瑠美 
李千鶴 
中谷竜 
ムロツヨシ 
小山田サユリ 水嶋翔子
木野花 水嶋京子
小野武彦 水嶋徳治

(C)2012『鍵泥棒のメソッド』製作委員会

解説

第58回カンヌ国際映画祭フランス作家協会賞、鉄道賞、最優秀ドイツ批評家賞、最優秀ヤング批評家賞の4冠に輝いた「運命じゃない人」や「アフタースクール」でトリッキーな構成を構築し、国内外で高い評価を受けた内田けんじ監督のコメディ。殺し屋が転倒事故により記憶を失う場に居合わせた売れない役者が、こっそり立場を入れ替えてしまうことから起こる騒動を描く。「アフタースクール」「ツレがうつになりまして。」の堺雅人が後先考えずに行動してしまう売れない役者を、「キサラギ」「劔岳/点の記」の香川照之が殺気みなぎらせる殺し屋だったものの記憶を失くし自分が役者だと思い込む男を演じる。他、「おくりびと」の広末涼子らが出演。

あらすじ

銭湯に入ってきた金持ちそうな男(香川照之)が転倒。その場に居合わせた貧乏役者の桜井が様子を見ていると、男は頭を強打した影響で記憶を失っていた。桜井はちょっとした出来心を起こし、男のロッカーの鍵と自分の鍵をすり替える。案の定、自分を桜井だと思い込む男。しかし男の正体は誰も顔を見たことのない伝説の殺し屋・コンドウで、コンドウに成り代わった桜井のもとに大金が絡む危険な仕事の依頼が舞い込み、桜井はやむなく引き受けてしまう。一方、自分は桜井だと思い込んでいるコンドウは一流の役者となることを目指して真面目に努力する。そんなひたむきな姿に胸を打たれた女性編集長の香苗(広末涼子)は彼に求婚。三者三様の事情が複雑に絡み合う……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年5月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「鍵泥棒のメソッド」インタビュー 内田けんじ(監督)

2012年11月上旬号

読む、映画:「鍵泥棒のメソッド」

2012年10月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「鍵泥棒のメソット」

2012年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「鍵泥棒のメソッド」

巻頭特集「鍵泥棒のメソッド」:対談 内田けんじ(監督)×渡辺祥子(映画評論家)

巻頭特集「鍵泥棒のメソッド」:インタビュー 香川照之

巻頭特集「鍵泥棒のメソッド」:インタビュー 広末涼子

2012年1月上旬号

製作現場ルポ:「鍵泥棒のメソッド」