男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

劇場版テンペスト3D

  • げきじょうばんてんぺすとすりーでぃ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    43.0点(15人)

  • 観たひと

    21

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル 歴史劇 / ドラマ
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2012/1/28
上映時間 149分
製作会社 「劇場版テンペスト3D」製作委員会(角川映画=角川基金)(制作プロダクション 光和インターナショナル/制作協力 NHKエンタープライズ)
配給 角川映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム/ビデオ(3D)
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督吉村芳之 
脚本大森寿美男 
原作池上永一:(「テンペスト」(角川文庫刊))
音楽長岡成貢 
主題曲/主題歌安室奈美恵:(「Tempest」(avex trax))

キャスト

出演仲間由紀恵 真鶴/孫寧温
谷原章介 浅倉雅博
塚本高史 喜舎場朝薫
高岡早紀 聞得大君
GACKT 徐丁垓
奥田瑛二 孫嗣志
高橋和也 尚育王

解説

19世紀の激動する琉球王国を舞台に、男として生きる運命を背負った女性の生涯を描く。池上永一のベストセラー小説をNHKでのドラマ化に続き、主要なキャストはそのままに映画化。出演は「武士の家計簿」の仲間由紀恵、「アンダルシア 女神の報復」の谷原章介、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の塚本高史。

あらすじ

雷雲となって闇夜に舞い上がった無数の龍がガジュマルの樹を真っ二つに引き裂いた夜、孫嗣志(奥田瑛二)の家に1人の女の子が誕生する。女児では悲願の孫家再興が叶わないと、肩を落とす嗣志からは名前も与えられず、自らを“真鶴”と名付けたその子(仲間由紀恵)は、成長するにつれて高い学力を身につけてゆく。その一方で、官史登用を目指した嗣志が養子に迎えた孫嗣勇は家出してしまう。父の悲願を果たすため、真鶴は女を捨て、清国生まれの宦官で孫家の養子、孫寧温として生きることを決意。史上最年少で難関の官吏登用試験を突破すると、同じく登用された朝薫(塚本高史)と共に、清国と薩摩藩からの二重支配下にあった琉球王朝の国政に参加、頭角を現す。しかし国王、尚育王(高橋和也)の姉で強い霊力を持つ聞得大君(高岡早紀)に女であることを見破られ、窮地に。朝薫も、寧温との間に男同士の友情とは別の感情を秘かに抱き始める。さらに、寧温の心を大きく揺さぶったのは、薩摩藩から派遣された浅倉雅博(谷原章介)との出会い。浅倉との交流を深めるにつれ、自分の中の女性を否定することで生き抜いてきたはずの寧温は、真鶴として浅倉を想うことで戦う勇気を得ていたことに気付く。一方、浅倉も寧温に対して立場を越えた想いを募らせてゆく。個人的な想いに揺れつつも、外交、教育、行政を一手に担う寧温の前に現れた更なる強者が、清国から派遣されて琉球王国乗っ取りを企む宦官の徐丁垓(GACKT)。彼は、異常な狡猾さと執拗さで寧温を追い詰める。その上、寧温はある日突然、前王朝の末裔として王位奪回を狙う謀反人であると告発され、流刑にされてしまう。数年後、ペリー率いるアメリカ大艦隊の来航にうろたえる朝薫ら王府の役人たちと浅倉の前に再び姿を現す寧温。琉球王朝の行く末は?そして男として、女として、ひとりの人間として、琉球王国のために身を捧げてきた真鶴=孫寧温の運命は……?

関連するキネマ旬報の記事

2012年2月上旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「劇場版テンペスト3D」