男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

百合子、ダスヴィダーニヤ

  • ゆりこだすびだーにゃ
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    63.8点(8人)

  • 観たひと

    12

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ / 文芸
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2011/10/22
上映時間 102分
製作会社 旦々舎
配給 旦々舎
レイティング 一般映画
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

出演一十三十一 中條百合子
菜葉菜 湯浅芳子
大杉漣 荒木茂
吉行和子 中條葭江
大方斐紗子 中條運
洞口依子 野上弥生子
麻生花帆 北村セイ
平野忠彦 中條精一郎

解説

ロシア文学や演劇の翻訳者として知られる湯浅芳子と、小説家・中條(後に宮本)百合子の、若き日の知られざる女性同士の愛と別れを描く「こほろぎ嬢」の浜野佐知監督作。出演は「ヘヴンズ ストーリー」の菜葉菜、歌手として活躍する一十三十一、「ジーン・ワルツ」の大杉漣、「レオニー」の吉行和子、「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の洞口依子。

あらすじ

1924年(大正13年)、ロシア語を勉強しながら、雑誌『愛国婦人』の編集をしていた湯浅芳子(菜葉菜)は、先輩作家・野上弥生子(洞口依子)の紹介で、中條百合子(一十三十一)と出会う。百合子は17歳で「貧しき人々の群」を発表、天才少女と騒がれた小説家である。19歳の時に遊学中のニューヨークで、15歳年上の古代ペルシア語研究者の荒木茂(大杉漣)と結婚するが、芳子と出会った5年後には二人の結婚生活は行き詰まっていた。お互いに惹かれあった芳子と百合子は、親しく付き合い始めるが、芳子は「私は、男が女に惚れるように、女に惚れる」と公言して憚らない女性だった。二人の情熱的な関係はリーベ(恋)かフレンドシップ(友情)か……。二人はディスカッションしながら関係を深めていくが、それは荒木にとって生活の根底を揺るがすものだった。20歳でアメリカに渡り、15年間にわたって苦学した荒木は、百合子との結婚によって帰国、大学教授の職も得ることができた。だが芳子に百合子を奪われることは、なんとしても避けなければならない。百合子、芳子、荒木の3人は、東京と、百合子の祖母が住む福島県の安積・開成山(現・郡山市)の間を往復しながら、異性愛と同性愛が交錯する愛憎のドラマを繰り広げる……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年11月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「百合子、ダスヴィダーニャ」