男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラーメン侍

  • らーめんざむらい
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    52.4点(13人)

  • 観たひと

    16

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2012/4/7
上映時間 115分
製作会社 「ラーメン侍」製作委員会(ソウルポートプロダクション=テレビ西日本=エフエム福岡)
配給 ティジョイ(配給協力 東映 九州支社)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督瀬木直貴 
脚本我妻正義 
原作香月均 
プロデューサー藤倉博 
音楽大内義昭 

キャスト

(C) 『ラーメン侍』製作委員会

解説

福岡・久留米を舞台に、親子二代のラーメン店主の奮闘を描く人情ドラマ。監督は「Watch with me 卒業写真」の瀬木直貴。出演は「一枚のハガキ」の渡辺大、「ソフトボーイ」の山口紗弥加、「武士道シックスティーン」の高木古都、「Watch with me 卒業写真」の高杢禎彦、「ジャージの二人」の鮎川誠、「いつもより素敵な夜に」の淡路恵子。2011年10月22日より九州にて先行公開。

あらすじ

突然の訃報を受け、父・昇のラーメン屋を継ぐ決心をした光(渡辺大)は、東京のデザイン会社を辞め、故郷の福岡・久留米に戻ってくる。店は相変わらず繁盛していたが、光は自分が選んだ道に自信が持てずにいた。そんなある日、母・嘉子(山口紗弥加)とかつての活気をすっかり失った屋台街を訪れる。嘉子が光に語ったのは、無鉄砲な昇に振り回され、貧乏のどん底だったが面白おかしく生きていたあの頃の思い出。父はどうしてラーメン屋を始めたのか、そのラーメンにはどんな思いが詰まっていたのか。幼い頃は想像もしなかった父の想いに気づいた光は、やがて記憶を頼りに父親の味を再現しようと試行錯誤を始める。それは光にとって自分にとっての「ラーメン」、そして自分自身の「夢」に向き合うことでもあった……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年5月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「ラーメン侍」

2012年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ラーメン侍」