男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

カーズ2

  • かーずつー
  • CARS 2
  • CARS 2

amazon


  • 平均評点

    68.5点(334人)

  • 観たひと

    623

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    39

基本情報

ジャンル アニメーション / ファミリー / アクション
製作国 アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2011/7/30
上映時間 106分
製作会社 Pixar Animation Studios= Walt Disney Pictures
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比 IMAX(1.44:1)
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム/ビデオ(3D)
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット IMAX

スタッフ

キャスト

出演(声)オーウェン・ウィルソン Lightning McQueen
ラリー・ザ・ケイブル・ガイ Mater
マイケル・ケイン Finn McMissile
エミリー・モーティマー Holley Shiftwell
ボニー・ハント Sally
ジョン・タトゥーロ Francesco Bernoulli
トーマス・クレッチマン Professor Z
ジョー・マンテーニャ Grem
ピーター・ジャコブソン Acer
トニー・シャルーブ Luigi
グイド・カローニ Guido
ポール・ドゥーリイ Sarge
ロイド・シャー Fillmore & Combat Ship
ジョン・ラッツェンバーガー Mack
ジェイソン・アイザックス Siddeley & Leland Turbo
ブルース・キャンベル Rod 'Torque' Redline
エディー・イザード Sir Miles Axlerod
ジェフ・ゴードン Jeff Gorvette
ルイス・ハミルトン Lewis Hamilton
マイケル・ミシェルス Tomber
ダレル・ウォルトリップ Darrell Cartrip
ブレント・マスバーガー Brent Mustangburger
デヴィッド・ホブス David Hobbscap
チーチ・マリン Ramone
ジェニファー・ルイス Flo
キャサリン・ヘルモンド Lizzie
マイケル・ウォリス Sheriff
フランコ・ネロ Uncle Topolino
ヴァネッサ・レッドグレイヴ The Queen / Mama Topolino
シグ・ハンセン Crabby
ジョン・ラセター John Lassetire
土田大 ライトニング・マックイーン
山口智充 メーター
大塚芳忠 フィン・マックミサイル
朴ロ美 ホリー・シフトウェル
戸田恵子 サリー
宗矢樹頼 フランチェスコ・ベルヌーイ
青山穣 ザンダップ教授
落合弘治 マイルズ・アクセルロッド卿
福澤朗 ダレル・カートリップ
中村秀利 ブレント・マスタングバーガー
大川透 ロッド・トルク・レッドライン

解説

擬人化された自動車たちが繰り広げる騒動を描いたフルCGアニメーションの続編。ワールド・グランプリに出場した天才レーサーのマックィーンとおんぼろレッカー車のメーターのコンビが、国際的な陰謀に巻き込まれてゆく。声の出演は「幸せのはじまりは」のオーウェン・ウィルソン、「インセプション」のマイケル・ケイン。

あらすじ

かつてルーキーだったライトニング・マックィーン(声:オーウェン・ウィルソン)も今やピストン・カップに4度輝き、天才レーサーとして世界的な名声を得ていた。シーズンオフを故郷でゆっくり過ごすためにラジエーター・スプリングスに戻ってきたマックィーンは親友のメーター(声:ラリー・ザ・ケイブル・ガイ)と再会。ところが、この再会がきっかけで、彼は世界3カ国を巡るワールド・グランプリに出場することになる。そのスタート地点は日本。メーターと仲間たちをレースのピットクルーとして、ともに日本に向かったマックィーンだったが、メーターがアメリカのスパイと勘違いされたことから、国際的な陰謀に巻き込まれてしまう。そして事件の最中に2人が出会ったのは、万能機器を装備した英国スパイのフィン・マックミサイル(声:マイケル・ケイン)とその相棒ホリー・シフトウェル(声:エミリー・モーティマー)。やがて、レースの進行に合わせてトーキョーからパリ、イタリアの田舎町、そしてロンドンへと舞台は移り、世界を支配しようとする巨大な陰謀が動き出す。絶体絶命のピンチの中で、マックィーンとメーターは気づく。自分たちの最大の武器は、かけがえのない友情の絆なのだと。たとえ1人では敵わなくても、仲間がいれば強くなれる。そして、彼らの友情が世界を救う……!

関連するキネマ旬報の記事

2011年8月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「カーズ2」

2011年8月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「カーズ2」同時上映:「ハワイアン・バケーション」

「カーズ2」:ジョン・ラセター監督インタビュー 「世界を“カーラファイ”する喜び」

「カーズ2」:天才たちの夢の軌跡:ピクサー小史