男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

SP 野望篇

  • えすぴーぼうへん
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.9点(350人)

  • 観たひと

    726

  • 観たいひと

    37

  • レビューの数

    40

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/10/30
上映時間 97分
製作会社 「SP」プロジェクトチーム(制作プロダクション:FILM)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督波多野貴文 
アクション監督大内貴仁 
脚本金城一紀 
原案金城一紀 
エグゼクティブプロデューサー石原隆 
和田行 
島谷能成 
加太孝明 
製作亀山千広 
藤島ジュリー景子 
プロデューサー関口大輔 
稲葉直人 
中島久美子 
古群真也 
撮影相馬大輔 
美術デザイン木陽次 
竹中健 
美術プロデュース宮崎かおる 
音楽菅野祐悟 
録音阿部茂 
サウンドデザイントム・マイヤー 
照明和田雄二 
編集穂垣順之助 
選曲藤村義孝 
制作担当鹿浜勉 
助監督田澤裕一 
記録目黒亜希子 
VFXディレクター山本雅之 
VFXスーパーバイザーロバート・スコタック 
スーパーバイザー杉山泰一 
美術進行福井大 

キャスト

出演岡田准一 井上薫
真木よう子 笹本絵里
松尾諭 山本隆文
神尾佑 石田光男
野間口徹 田中一郎
香川照之 伊達國雄
堤真一 尾形総一郎
山本圭 麻田雄三
丸山智己 スーツ姿の男
堀部圭亮 伊達の秘書
古山憲太郎 木内教永
伊達暁 梶山光彦
螢雪次朗 田辺晋一

解説

特殊能力を持つSP(要人警護官)がテロリストに挑む姿を描いたTVドラマ『SP(エスピー) 警視庁警備部警護課第四係』の劇場版第1弾。監督は、TV版で演出を手掛けた波多野貴文。出演は「おと・な・り」の岡田准一、「鈍獣」の真木よう子、「春との旅」の香川照之、「のんちゃんのり弁」の松尾諭、「ハイキック・ガール!」の神尾佑、「孤高のメス」の堤真一など。正式タイトルは「SP THE MOTION PICTURE 野望篇」。

あらすじ

警視庁警備部警護課第四係機動警護班隊員・井上薫(岡田准一)は、自殺した理事官に対して「仕方がないだろ。大義のためだ」と係長・尾形総一郎(堤真一)が発した言葉に、猜疑心と困惑の色を浮かべ対峙する。その出来事から1ヶ月。東京の街は、何事もなかったかのように毎日が過ぎ、どこを見渡しても平和な日本の姿があった。だが、そのウラでは、日本という国家のシステムを根底から揺るがすようなテロが企てられており、全ての脅威は、六本木の街から始まろうとしていた……。公安の目をかいくぐり、不穏な動きを見せる国家の要職を担うキャリア官僚たち。その中には、与党幹事長・伊達國雄(香川照之)の姿も含まれていた。相次ぐ脅威への過剰反応(シンクロ)に苛まれる井上。さらにテロリストの魔の手は、笹本絵里(真木よう子)、山本隆文(松尾諭)、石田光男(神尾佑)ら第四課のメンバーにも襲い掛かってくる……。

関連するキネマ旬報の記事

臨時増刊3月25日号 KINEJUN next vol.02

巻頭特集「SP 革命篇」:シリーズ解説&グラビア 「野望篇」&「革命前日」

2010年11月下旬号

REVIEW 日本映画:「SP 野望篇」

2010年11月上旬号

「SP 野望篇」:ドラマから映画へ

「SP 野望篇」:俳優・岡田准一

2010年5月下旬号

HOT SHOTS:「SP THE MOTION PICTURE」製作発表