男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

つむじ風食堂の夜

  • つむじかぜしょくどうのよる
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    59.9点(43人)

  • 観たひと

    70

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 日本
製作年 2009
公開年月日 2009/11/21
上映時間 84分
製作会社 「つむじ風食堂の夜」製作委員会(エピックレコードジャパン=ジョリー・ロジャー=キューブ=ボイス&ハート=フロンテッジ=tvk=テレ玉=チバテレ=三重テレビ=KBS京都=サンテレビ)
配給
レイティング 不明
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督篠原哲雄 
脚本久保裕章 
原作吉田篤弘:(「つむじ風食堂の夜」(筑摩書房刊))
エグゼクティブプロデューサー一志順夫 
撮影上野彰吾 
音楽村山達哉 
Tokyo Grand Orchestra 

キャスト

出演スネオヘアー「エスプレ」(Epic Records Japan)
八嶋智人 雨降り先生(私)
月船さらら 舞台女優・奈々津
下條アトム 不思議な帽子店主
スネオヘアー コーヒースタンドのマスター
芹澤興人 
田中要次 古本屋店主・デニーロの親方
生瀬勝久 (私)の父親

解説

ロングセラーとなった吉田篤弘の同題小説を映画化。風変わりな食堂に集まる人々の交流を、温かい目線で描いたノスタルジック・ファンタジー。北海道でオールロケを決行し、幻想的な映像を創り出している。監督は、「地下鉄に乗って」の篠原哲雄。出演は、「秋深き」の八嶋智人、「世界で一番美しい夜」の月船さらら。

あらすじ

懐かしい雰囲気の漂う月舟町。月舟アパートメントに住んでいる雨降り先生(八嶋智人)は、いたって普通の人間だった。しかし、十字路の角にあるつむじ風食堂で、古本屋を営むデニーロの親方(田中要次)、イルクーツクに行きたがっている果物屋の青年(芹澤興人)、不思議な帽子屋の桜田(下條アトム)、売れない舞台女優の奈々津(月船さらら)など、毎夜集まる風変わりな常連客たちと接していくうちに、最初は違和感を覚えていたが、次第にこの町の人々と馴染んでいく。桜田は“二重空間移動装置”という万歩計を先生に売りつけ、デニ―ロの親方は『唐辛子千夜一夜奇譚』という本を売ってくれる。また先生は、果物屋の青年と宇宙の果てについて考えたり、タブラさんの息子(スネオヘアー)とエスプレッソマシーンを懐かしんだりする。奈々津は先生に、芝居を書いてほしいと頼んでくる。こうしたちょっとした出来事を積み重ねるうち、先生は過去の自分、そして未来の自分と対峙することになる。

関連するキネマ旬報の記事

2010年2月上旬号

評論家発映画批評:「つむじ風食堂の夜」

2009年12月上旬号

HOT SHOTS:八嶋智人「つむじ風食堂の夜」

REVIEW 日本映画:「つむじ風食堂の夜」