男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

戦慄迷宮3D

  • せんりつめいきゅうすりーでぃー
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    45.1点(46人)

  • 観たひと

    74

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2009
公開年月日 2009/10/17
上映時間 95分
製作会社
配給 アスミック・エース
レイティング 不明
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督清水崇 
脚本保阪大輔 
プロデューサー谷島正之 
小椋悟 
宮崎大 
音楽配島邦明 
ライン・プロデューサー大崎裕伸 

キャスト

解説

世界最長のお化け屋敷、富士急ハイランドの“戦慄迷宮”をモチーフに、若者たちが遭遇する迷宮の恐怖をデジタル3Dで描いた体感型スリラー。監督は「呪怨」シリーズの清水崇。出演は「包帯クラブ」の柳楽優弥、「いけちゃんとぼく」の蓮佛美沙子、「少年メリケンサック」の勝地涼、「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」の前田愛、「ゼラチンシルバーLOVE」の水野絵梨奈など。

あらすじ

ある遊園地のお化け屋敷で行方不明になったユキ(蓮佛美沙子)が、10年後の雨の夜、突然帰ってきた。ケン(柳楽優弥)とその友達モトキ(勝地涼)、盲目の少女リン(前田愛)、ユキの妹ミユ(水野絵梨奈)は戸惑いながらもユキを迎え入れるが、突然ユキが発作を起こし倒れてしまう。5人は病院へと向かうが、辿り着いたその病院は次第に姿を変え始め、朽ち果て、まるで迷宮のように不気味で不可思議な空間となっていくのだった……。その朝、刑事の丹波(松尾スズキ)が事件が起きたという遊園地に駆けつけると、既に現場の外には3人の死体が並んでいた。そして、警官に取り押さえられながらケンが建物から出てくる。何度も振り向きながら「もう一人、中にいるんだ」と叫ぶケン。その廃病院のようなアトラクションはかなり広く、2階建てでありながら中間に位置するフロアもあり、複雑に入り乱れ、短時間では把握できない設計が施されていた。被害者の一人は救命病棟入口の救急車の近くに、もう一人はその脇の螺旋階段下に、最後に発見された死体はボイラー室に通じる廊下にあった。入場者を怖がらせる為に作られたアトラクションだが、実にリアルに病院を模ってある。さらに随所に不気味な人形や仕掛けが溢れ、作り物の血痕までもが至る所に付いており現場検証は難航した。そんな中、一人の生存が確認され、一気に現場の緊張が高まった……。取調室に座っているケンが、4人に共通する10年前の事件について語り出す。かつてこのアトラクションで一人の少女が行方不明になったという。だが、藤野刑事の調べでは、そんな事件の記録は全く存在していない。取調べが長引く中、多くの謎を残しながらも丹波は、事件解決へのある決断を下さなくてはならなかった。彼が手にした決定的な証拠とは真実なのか……。

関連するキネマ旬報の記事

2009年11月下旬号

新世代<3D映画元年>:「戦慄迷宮3D」清水崇監督インタビュー

2009年8月下旬号

撮影現場ルポ:「戦慄迷宮3D」

HOT SHOTS:「食堂かたつむり」「戦慄迷宮3D」撮影現場ルポ

2009年7月下旬号

HOT SHOTS:製作発表会見「戦慄迷宮3D」

巻頭特集 織田裕二、41歳の到達点「アマルフィ 女神の報酬」:織田裕二俳優論

巻頭特集 織田裕二、41歳の到達点「アマルフィ 女神の報酬」:大多亮(企画・プロデュース)インタビュー

巻頭特集 織田裕二、41歳の到達点「アマルフィ 女神の報酬」:西谷弘(監督)インタビュー

巻頭特集 織田裕二、41歳の到達点「アマルフィ 女神の報酬」:真保裕一作品としての「アマルフィ 女神の報酬」

巻頭特集 織田裕二、41歳の到達点「アマルフィ 女神の報酬」:「アマルフィ 女神の報酬」とフジテレビ映画小史