男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

MW ムウ

  • むう
  • MW
  • MW

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    58.7点(197人)

  • 観たひと

    389

  • 観たいひと

    17

  • レビューの数

    28

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 2009
公開年月日 2009/7/4
上映時間 130分
製作会社 「MW」製作委員会
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
レイティング PG-12
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督岩本仁志 
脚本大石哲也 
原作手塚治虫:(「MW」(小学館文庫))
プロデューサー松橋真三 
音楽池頼広 
主題曲/主題歌flumpool:(「MW~Dear Mr.&Mrs.ピカレスク~」(A-Sketch))

キャスト

出演玉木宏 結城美智雄
山田孝之 賀来裕太郎
石田ゆり子 牧野京子
石橋凌 沢木和之
山本裕典 溝畑
山下リオ 美香
鶴見辰吾 松尾秘書
風間トオル 三田
中村育二 岡崎俊一
半海一晃 山下孝志
品川徹 望月靖男
林泰文 橘誠司

解説

手塚治虫生誕80周年を記念して、1976年に発表された同名漫画を映画化。16年前に起きた事件の生存者2人の対照的な生き方を通して、人間の原罪を問うアクション・エンタテインメント。出演は「真夏のオリオン」の玉木宏、「クローズZERO II」の山田孝之。監督は『女王の教室』など、TVドラマで活躍する岩本仁志。

あらすじ

16年前、沖之真船島で一夜にして島民全員が虐殺される事件が発生。この惨事は政府によって闇に葬られるが、奇跡的に助かった2人の少年が、密かに生き延びる。やがて、それぞれに宿命を背負いながら成長し、別々の道を歩んでいく2人。その1人、賀来裕太郎(山田孝之)は神父として神に仕え、迷える人々を救済しながら生きていた。一方、結城美智雄(玉木宏)は、事件の謎を追い続け、背後に蠢く巨悪と対峙するため、闇へと堕ちていった。結城の表の顔はエリート外資系銀行員。だが裏では完璧な容姿と明晰な頭脳、危うい魅力で人々を翻弄し、自らの運命を狂わせた惨劇への報復のため、事件関係者への制裁を冷徹に重ねていた。取り巻く環境は大きく異なる賀来と結城だったが、事件の生存者という事実が、2人を繋ぎ止めていた。事件の後遺症に悩まされる結城は、自らの死期が近いことを悟り、復讐を成し遂げるために次々と制裁を加えていく。そんな結城の犯行を阻止し、彼の魂を救済しようとする賀来。だが毎回、結城に翻弄され、犯罪への加担を繰り返してしまう。その悪行と自ら罪を重ねることに耐え切れず、全てを終わらせようと、発作で倒れた結城にナイフを向ける賀来。しかし、結局は止めを差すことができない。次第に犯行をエスカレートさせていく結城。連続犯罪を追う刑事、沢木和之(石橋凌)は結城の事件への関与を疑うが、沢木の部下を罠に陥れ、結城はその追跡を逃れる。やがて、連続する事件の被害者が全て沖之真船島出身という事実から、16年前の事件との関連に気づいた新聞記者の牧野京子(石田ゆり子)が結城と賀来の前に現れる。そこで2人が目にしたのは、事件の謎を解く鍵となる“MW-ムウ-”という単語だった。結城の最後の復讐が始まる。果たして、“MW-ムウ-”とは何なのか?賀来は結城の犯罪を止める事ができるのか?事件の真相、そして結城の真の目的とは……?

関連するキネマ旬報の記事

2009年8月上旬号

REVIEW 日本映画:「MW-ムウ-」

臨時増刊4月11日号 BLACK KINEJUN

第3特集 NEW BLOOD ACTORS SPLASH!:RECOMMENDED NEW CINEMA 玉木宏「真夏のオリオン」「MW-ムウ-」「のだめカンタービレ THE MOVIE I & II(仮)」