男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

風間トオル

  • Toru Kazama
  • 出演
本名 須藤光春
出身地 神奈川県川崎市
生年月日 1962/08/19
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県川崎市の生まれ。本名・須藤光春。幼い頃に両親の離婚と父の失踪を経て祖父母に預けられるが、食べる物にも苦労し、認知症の祖父の介護に追われるなど過酷な少年時代を過ごした。高校時代から独り暮らしを始め、東京デザイン専門学校在学中にスカウトされて、モデルとしてデビュー。1986年よりファッション誌『MEN'S NON-NO』の専属となり、阿部寛とともに二枚目男性モデルブームの中心的な存在となり人気を博した。89年のフジテレビのドラマ『ハートに火をつけて』で俳優デビュー。その後も、フジテレビ『世界で一番君が好き!』『いつか誰かと朝帰りッ』90、TBS『結婚したい男たち』91、日本テレビ『子供が寝たあとで』92などに出演し、当時のトレンディドラマブームにおいて欠かせない存在となっていく。映画初出演も、89年の金子修介監督によるトレンディタッチのラブコメディ「どっちにするの。」であった。転機を迎えたのは91年公開の岡本喜八監督「大誘拐/RAINBOW KIDS」で、大富豪の老婆を誘拐するも、いつしか彼女の言いなりになってしまう若者3人組のリーダーを好演。93年の澤井信一郎監督「わが愛の譜(うた)・滝廉太郎物語」では早逝の作曲家・滝廉太郎をストイックに演じきり、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞する。その後も数々の映画、OV、テレビドラマで活躍を続け、96年から2004年まで長年レギュラーをつとめたテレビ朝日『はみだし刑事情熱系』などで印象を残したが、近年は年齢相応の渋みも増し、いぶし銀的な魅力も発揮している。テレビドラマはほかに、NHK『トップセールス』08、『ゲゲゲの女房』10、テレビ朝日『女帝・薫子』10など。若手インディーズ系映画への助演も多い。

キネマ旬報の記事

1996年6月上旬特別号

巻頭特集 がんばれ!日本映画 スクリーンで闘う若手男優たち:風間トオル