男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ウルトラミラクルラブストーリー

  • うるとらみらくるらぶすとーりー
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    63.4点(197人)

  • 観たひと

    377

  • 観たいひと

    40

  • レビューの数

    26

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2009
公開年月日 2009/6/6
上映時間 120分
製作会社 「ウルトラミラクルラブストーリー」製作委員会(フィルムメイカーズ=バップ=日活=wowow=ホリプロ=日販=角川書店=ミュージック・オン・ティーヴィ)
配給 リトルモア
レイティング 不明
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督横浜聡子 
脚本横浜聡子 
プロデューサー中野朝子 
土井智生 
撮影近藤龍人 
美術杉本亮 
製作委員渋谷恒一:(日活)
音楽大友良英 
エンディングテーマ100s:(「そりゃそうだ」(FIVE D plus/avex entertainment Inc.))
録音加藤大和 
音響効果小島彩 
照明藤井勇 
編集普嶋信一 
衣装デザイン伊賀大介 
荒木里江 
ヘアメイク清水ちえこ 
製作デスク松岡達矢 
製作進行/プロダクション・マネージャー城内政芳 
橋詰和幸 
伊達真人 
瀬野尾圭太 
製作経理平井清美 
助監督野尻克己 
スクリプター/記録奥定正掌 
スチール岡本英理 
SFX/VFXプロデューサー浅野秀二 
スタント・コーディネーター川澄朋章 
製作代表菊地美世志 
大島満 
馬場清 
和崎信哉 
堀義貴 
宮路敬久 
井上伸一郎 
御領博 
孫家邦 
装飾酒井拓磨 
製作担当福井一夫 
製作委員宮崎慎也:(フィルムメイカーズ)
平山博志:(バップ)
岡本東郎:(バップ)
板坂さゆり:(バップ)
由里敬三:(日活)
安村重幸:(日活)
田中正:(日活)
中村理一郎:(wowow)
青木竹彦:(wowow)
渡邉数馬:(wowow)
加納貴治:(wowow)
鈴木甚之:(ホリプロ)
津嶋敬介:(ホリプロ)
竹中久美子:(ホリプロ)
高梨卓也:(ホリプロ)
小松賢志:(日販)
白濱なつみ:(日販)
宍戸健司:(角川書店)
堀内大示:(角川書店)
齋見泰正:(ミュージック・オン・ティーヴィ)
松舘俊英:(ミュージック・オン・ティーヴィ)

キャスト

出演松山ケンイチ 水木陽人
麻生久美子 神泉町子
ノゾエ征爾 田中太
ARATA 島田要
齋藤咲良 奈央
竹谷円花 志乃
米田佑太 小太郎
中沢青六 種市園長
キタキマユ 薫先生
野嵜好美 里歌子先生
乗田夏子 佐藤チネ
宇野祥平 小太郎の父
小野寺隆 男子小学生
藤田弓子 三上のカミサマ
原田芳雄 三沢医師
渡辺美佐子 柴田もつ

解説

青森を舞台に、農家の青年と東京から来た保育士の恋を描いたラブ・ストーリー。子供のように純粋な陽人が彼女に受け入れられるため思いついたある方法は、やがて予想外の結末を生む。監督は、「ジャーマン+雨」の横浜聡子。出演は、「デトロイト・メタル・シティ」の松山ケンイチ、「夕凪の街 桜の国」の麻生久美子。2009年05月30日より、青森県内にて先行公開。

あらすじ

青森県の田舎町。子供のような青年・陽人(松山ケンイチ)は祖母もつ(渡辺美佐子)と農業を営んでいる。町に保育士の町子(麻生久美子)が越してくる。陽人は三沢医院で三沢医師(原田芳雄)の診察を受けるが、相手にされない。交通事故で死んだ恋人・要(ARATA)の首を捜す町子は、カミサマ(藤田弓子)を訪ねる。町子が働き始めた幼稚園に陽人が通りかかり、挨拶する。夕方、町子は陽人から強引に誘われるが、園児の父親に助けられる。畑で小学生と遊んでいた陽人は、顔だけ出して土に埋まる。すると小学生が一面に農薬を撒く。夜、三沢医院で気がついた陽人は別人のように落ち着いていた。翌日、幼稚園を訪ねた陽人の礼儀正しい態度に町子は困惑する。夕方、陽人は町子を街に誘うが、町子は両思いの人がいると嘘をつく。陽人の幼なじみの太(ノゾエ征爾)が農協倉庫で作業していると、陽人が訪ねてくる。しかし突然、陽人は嘔吐し倉庫を出る。陽人はもつの仏壇から金を盗んできて、農薬を買う。陽人は太から町子の噂を聞く。陽人は自宅の小屋で農薬をシャワーのように浴びる。三沢が陽人を診察すると、心音がほとんど聞こえない。陽人は電話で、心臓が止まりつつあることを町子に伝える。陽人が道を歩いていると、首のない要とすれ違い、靴を貰う。夜、三沢医院で陽人の心臓が停止する。しかし翌日、陽人は農作業をしていた。町子が陽人の胸に耳を当てると、心音は聞こえない。町子は、陽人が要の靴を履いているのに気づく。数週間後、陽人は検査のため、町子、太と東京へ向かうが、途中で帰ってしまう。陽人の家を訪ねた町子は農薬を浴びるのを見つけ、やめさせる。朝、2人が森を歩いていると、陽人は通りかかった猟師に撃たれる。町子は陽人の部屋を訪れ、テープレコーダーを再生する。壁のホワイトボードには、自分が死んだら脳を町子にあげると書いてある。町子は陽人の脳を瓶に入れ、子供たちと森へ行く。耳を澄ますと、テープレコーダーの陽人の声が聞こえてくる。

関連するキネマ旬報の記事

2009年7月下旬号

評論家発映画批評:「ウルトラミラクルラブストーリー」

2009年7月上旬号

REVIEW 日本映画:「ウルトラミラクルラブストーリー」

2009年6月下旬号

評論家発映画批評:「ウルトラミラクルラブストーリー」

2009年6月上旬号

巻頭特集「天才候補!? 新人監督 横浜聡子「ウルトラミラクルラブストーリー」」:横浜聡子監督インタビュー

巻頭特集「天才候補!? 新人監督 横浜聡子「ウルトラミラクルラブストーリー」」:横浜聡子の天才候補なる所以

巻頭特集「天才候補!? 新人監督 横浜聡子「ウルトラミラクルラブストーリー」」:過去作品解説

巻頭特集「天才候補!? 新人監督 横浜聡子「ウルトラミラクルラブストーリー」」:同業者の視点

巻頭特集「天才候補!? 新人監督 横浜聡子「ウルトラミラクルラブストーリー」」:作品評

臨時増刊4月11日号 BLACK KINEJUN

第3特集 NEW BLOOD ACTORS SPLASH!:RECOMMENDED NEW CINEMA 松山ケンイチ「カムイ伝」「ウルトラミラクルラブストーリー」「ナクシタキオク(仮)」