男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブタがいた教室

  • ぶたがいたきょうしつ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    73.3点(239人)

  • 観たひと

    437

  • 観たいひと

    29

  • レビューの数

    36

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008/11/1
上映時間 109分
製作会社 「ブタがいた教室」製作委員会(日活=関西テレビ=読売新聞=Yahoo!JAPAN)
配給 日活
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督前田哲 
脚本小林弘利 
原案黒田恭史:(「豚のPちゃんと32人の小学生」(ミネルヴァ書房刊))
エグゼクティブプロデューサー馬場清 
企画協力西谷清治 
製作佐藤直樹 
製作代表堀田学 
大月のぼる 
喜多埜裕明 
プロデューサー椋樹弘尚 
田中正 
廣瀬和宏 
小川勝広 
プロダクション統括福田豊治 
共同プロデューサー鈴木俊明 
撮影葛西誉仁 
美術磯見俊裕 
音楽吉岡聖治 
主題歌・プロデューストータス松本 
伊藤銀次 
主題歌トータス松本:(「花のように 星のように」(ワーナーミュージック・ジャパン))
録音小野寺修 
音響効果小島彩 
照明守利賢一 
編集高橋幸一 
スタイリスト小里幸子 
ヘアメイク池田美里 
VE柳慎二 
主題歌・作詞トータス松本 
主題歌・作曲トータス松本 
製作担当前村祐子 
助監督橋本光二郎 
動物統括田嶋啓次 

キャスト

解説

ドキュメンタリーとしてテレビ放映された、大阪の新任教師による実践教育を基に「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」の前田哲が映画化。出演は「ザ・マジックアワー」の妻夫木聡、「築地魚河岸三代目」の大杉漣、「アフタースクール」の田畑智子、「どろろ」の原田美枝子、「コドモのコドモ」の甘利はるななど。

あらすじ

4月。6年2組担任の新米教師・星(妻夫木聡)は、教室に1匹の子豚を連れてきた。卒業までの1年間、その豚を育てて、大きくなったらみんなで食べようという。星の提案に、教頭の仁科(大杉漣)は苦い顔。しかし、生きているものを食べるということの意味を体で感じてもらいたいという星の熱意と覚悟に負け、高原校長(原田美枝子)は学校で豚を飼う許可を出す。6年2組の生徒たち26人は、全員で校庭に小屋を作り、当番を決めて“Pちゃん”と名付けた子豚を飼いはじめた。池沢(田畑智子)のクラスが育てているトマトをPちゃんが食べてしまったり、生徒の母親たちが豚を飼うことに反対したりと数々の問題が発生するが、クラス全員が協力してPちゃんの世話をし、時には一緒に遊んだりして楽しい日々を過ごしていった。ところが、夏休みも過ぎ、卒業まで4ヶ月となった頃、6年2組の中ではPちゃんを食べることに反対する意見が増えていた。Pちゃんをどうするか、クラスのみんなは一生懸命に考え、様々な意見を出していくが、食べるか食べないかの結論は決定しないまま卒業が近づいてくる。そして迎える卒業式。クラスを二つに分けた涙の激論の中、26人の子供たちと星が最後に出した決断とは…?

関連するキネマ旬報の記事

2008年12月上旬号

評論家発映画批評:「ブタがいた教室」

2008年11月下旬号

REVIEW 2008:「ブタがいた教室」

2008年11月上旬号

特集 「ブタがいた教室」:妻夫木聡インタビュー

特集 「ブタがいた教室」:前田哲監督インタビュー

特集 「ブタがいた教室」:作品評

特集 「ブタがいた教室」:寺脇研が見た「ブタがいた教室」