男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

戸田菜穂

  • Toda Naho
  • 出演/出演(声)
本名
出身地 広島県広島市
生年月日 1974/03/13
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

広島県広島市の生まれ。高校在学中の1990年、“ホリプロ THE1990オーディション”でグランプリに輝き、翌91年、日本テレビ『五月の風・ひとりひとりの二人』で女優デビューする。93年には、NHK連続テレビ小説『ええにょぼ』のヒロイン・宇佐美悠希役に抜擢。わけあって別居状態の夫との関係や嫁姑問題などを乗り越え成長する医師を好演する。翌94年、3人の小学6年生の少年と老人とのひと夏の交流を描く相米慎二監督「夏の庭/The Friends」で映画初出演。少年たちの担任教師で物語の鍵を握る役どころを真摯につとめた。続いて石井聰亙監督「水の中の八月」95などを経て、96年の森田芳光監督「(ハル)」では、メールをやり取りしながら不器用に愛を育む男女を翻弄する奔放な“ローズ”役を生き生きと演じ、飛躍のきっかけを掴む。この頃からテレビ出演も相次ぎ、98年には、フジテレビ『ショムニ』に出演。商事会社のはみ出し者が寄り集まるショムニ軍団とは犬猿の仲の秘書軍団リーダー・杉田美園にふんし、高慢さもお茶目に、コミカルな芝居に磨きをかけ、シリーズの人気に貢献する。映画では、伊藤俊也監督「プライド・運命の瞬間」98、和田誠監督「真夜中まで」01などの助演を経て、03年、過去に縛られた男女の切ない愛の彷徨を描いた「女がバス停で服を着替えた」で初主演。小沼勝監督独特の美学に貫かれた演出によって妖艶な魅力が覚醒され、新境地を開く。以降は、森田芳光監督「間宮兄弟」06、新城卓監督「俺は、君のためにこそ死ににいく」07、佐藤信介監督「砂時計」08などで、何気ない仕草にも危うさや色香を覗かせ、ユニークな存在感を発揮している。テレビドラマはほかに、日本テレビ『奇跡の人』98、『ギンザの恋』02、『anego』05、『神の雫』09、フジテレビ『TEAM』99、NHK『義経』05、『ジャッジ・島の裁判官奮闘記』07・08、TBS『SCANDAL』08、『JIN/仁』09、WOWOW『空飛ぶタイヤ』09、『マークスの山』10など。

キネマ旬報の記事

2003年4月上旬号

HOT SHOTS:戸田菜穂

1996年5月下旬特別号

巻頭特集 がんばれ!日本映画 スクリーンを彩る若手女優たち:戸田菜穂

1996年4月上旬春の特別号

巻頭特集 (ハル):戸田菜穂 インタビュー