男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

トウキョウソナタ

  • とうきょうそなた
  • Tokyo Sonata
  • TOKYO SONATA

amazon


  • 平均評点

    76.3点(325人)

  • 観たひと

    562

  • 観たいひと

    70

  • レビューの数

    46

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本 オランダ 香港
製作年 2008
公開年月日 2008/9/27
上映時間 119分
製作会社 「TOKYO SONATA」製作委員会(ENTERTAINMENT=FORTISSIMO FILMS=博報堂DYメディアパートナーズ=ピックス)
配給 ピックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 ドルビーSR
上映フォーマット

スタッフ

監督黒沢清 
脚本マックス・マニックス 
黒沢清 
田中幸子 
エグゼクティブプロデューサー小谷靖 
マイケル・J・ワーナー 
プロデューサー木藤幸江 
バウター・バレンドレクト 
共同プロデューサー椋樹弘尚 
撮影芦澤明子 
美術丸尾知行 
松本知恵 
音楽橋本和昌 
音楽プロデューサー和田亨 
録音岩倉雅之 
音響効果渡部健一 
照明市川徳充 
編集高橋幸一 
衣装デザイン宮本まさ江 
キャスティング杉野剛 
アソシエイト・プロデューサーRaymond Phathanavirangoon 
ライン・プロデューサー武石宏登 
助監督西山太郎 
スクリプター/記録松澤一美 
SFX/VFXスーパーバイザー浅野秀二 
製作担当山本礼二 
俳優担当楠本直樹 
プロダクション担当福田豊治 

キャスト

出演香川照之 佐々木竜平
小泉今日子 佐々木恵
小柳友 佐々木貴
井之脇海 佐々木健二
井川遥 金子先生
津田寛治 黒須
役所広司 泥棒
児嶋一哉(アンジャッシュ)小林先生

解説

ばらばらになってしまった平凡な4人家族が、ある事件をきっかけに再び向かい合おうとする姿を描く。「アカルイミライ」の黒沢清が、自身のキャリアで初めて親と子のドラマに挑んだ意欲作。出演は、「ゆれる」の香川照之、「空中庭園」の小泉今日子、「シルク」の役所広司。2008年カンヌ映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞。

あらすじ

トウキョウの、線路沿いの小さなマイホームで暮らす4人家族の佐々木家は、ごく平凡な家庭である。しかし小学6年生の次男・健二(井之脇海)には、家族に内緒にしている秘密があった。それは、父親に反対されたピアノを隠れて習っていることだった。父・竜平(香川照之)は厳格な父親で、健二の話にまったく耳を傾けようとしない。母・恵(小泉今日子)はおやつにドーナツを作ってくれるような優しい母親だが、いつもつまらなそうにしている。大学生の長男・貴(小柳友)はアルバイトに明け暮れていて、何を考えているのかわからない。それでも、夕食は家族で一緒に食べるような、普通の家族であった。しかし、秘密を抱えているのは健二だけではなかった。実は、竜平は会社からリストラされていた。しかし、それを家族に打ち明けられずに、父親としての威厳と、自分の弱さの間で揺れ動いていた。一方、貴は日本を出て、アメリカ軍に入隊しようとしていた。そんなある日、佐々木家に異変が起こる。健二が帰宅すると、家の中は荒らされており、誰もいなくなっていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2009年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:主演女優賞 小泉今日子

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:新人男優賞 井之脇海

2008年12月上旬号

評論家発映画批評:「トウキョウソナタ」

2008年10月下旬号

REVIEW 2008:「トウキョウソナタ」

2008年10月上旬号

第二特集 「トウキョウソナタ」黒沢清が「家族映画」に出した回答:黒沢清×宮台真司 対談

第二特集 「トウキョウソナタ」黒沢清が「家族映画」に出した回答:香川照之 インタビュー

第二特集 「トウキョウソナタ」黒沢清が「家族映画」に出した回答:「トウキョウソナタ」における境界線

第二特集 「トウキョウソナタ」黒沢清が「家族映画」に出した回答:現代の出征